指定URLへアクセス(navigate)

InternetExplorerのCOMオブジェクトを操作し、
指定URLへアクセスします。

navigateメソッド
IE.navigate(URL)

navigate(URL)
・URL・・・URLを指定

指定URLへアクセス

IEのCOMオブジェクトを生成したら、次に指定URLへアクセスしてみましょう。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org")

IEのCOMオブジェクトのnavigateメソッドに
URLを渡すと、アクセスを行います。
ここでは、当Website「http://canal22.org」に遷移するスクリプトとしています。

navigateには何を指定する?

通常、navigateには「http://」で始まるURLを指定します。
しかし、インターネットの情報だけではなく、
ローカルの情報にもアクセスできる事を確認しましょう。
スクリプトは以下になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年6月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

EXCELの起動(visible)

CREATEOLEOBJからExcelのCOMオブジェクトを作成し、
visibleプロパティを操作してExcel表示させます

visibleプロパティ
EXCEL.visible = True / False

visibleプロパティ
・True・・・オブジェクトを表示します
・False・・・オブジェクトを非表示にします

EXCELを起動する

さあ、まずはExcelのCOMオブジェクトを生成し、起動させてみましょう。

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.Workbooks.add()

上記のスクリプトを実行してみましょう。
するとExcelが画面に表示されます。
冒頭の「EXCEL = CREATEOLEOBJ(“Excel.Application”)」で、
ExcelのCOMオブジェクト(インスタンス)を作成し、EXCELという変数に格納しています。
続いて、そのExcelオブジェクトのvisibleプロパティの値をTrueに設定しています。
visibleとは「可視性」の意味で、オブジェクトの表示/非表示を司ります。
ただし、InternetExplorerとは少し異なり、Workbooks.add()という一文を加えることで、
通常Excelを起動した場合と同じ状況になります。

visibleプロパティの順番を変えてみよう

例えばVisible=Trueを先ではなく、Workbooks.add()の後に行った場合はどうなるでしょうか。
結果は変わらないことが想像できますが、
試しにやってみましょう。
スクリプトは以下になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年6月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとExcel

アイテムをクリックする

アイテムをクリックする
戻値 = CLKITEM(ウィンドウのID, アイテム名, [種別, On/Off, 番号] )

引数
ウィンドウのID:Windowを識別するID
         (例:GETID関数で取得できる値)

アイテム名:ボタン、チェックボックス、ラジオボタンのキャプションの文字、
      リストボックス、コンボボックスの選択名、タブ名、
      メニュー項目名、ツリービュー項目、リストビュー項目、
      ツールバー上のボタン名
      (のいずれか)
種別
CLK_BTN
ボタン、チェックボックス、ラジオボタン
CLK_LIST
リストボックス、コンボボックス
CLK_TAB
タブコントロール
CLK_MENU
メニュー
CLK_TREEVEW(CLK_TREEVEW)
ツリービュー
CLK_LSTVEW(CLK_LISTVIEW)
リストビュー
CLK_TOOLBAR
ツールバー
CLK_ACC
アクセシビリティ用インターフェース経由によるクリック
CLK_SHORT
文字省略指定: 部分一致にて検索
(例:CLK_LIST or CLK_SHORT)
CLK_BACK
バックグランド実行: ウィンドウをアクティブ化しません
CLK_MUSMOVE
マウス移動: マウスをその場所に移動します
(CLK_MOUSEMOVE でも可)
CLK_RIGHTCLK
右クリック動作
CLK_LEFTCLK
左クリック動作
CLK_DBLCLK
ダブルクリック
CLK_FROMLAST
後ろからサーチ
CLK_ACC 指定時にアイテムを後ろからサーチ
CLK_CONTINUE
前回地点からサーチ
CLK_ACC 指定時に前回の実行地点からサーチ
On/Off:チェックボックス、メニューでのチェック、クリック動作
     True=On(デフォルト)、False=Off

番号: 同名のアイテム名がある場合の
    オブジェクト順番
    (左上から数えたオブジェクト順番[1から指定])

戻値
TRUE:正常
FALSE:処理不能

補足
アイテム名の最後に付く ニーモニック(&A)、(&B)は不要

種別:省略時は下記順でサーチ
   BTN->LIST->TAB->MENU->TREEVEW->LSTVEW->TOOLBAR
   メニュー、ツリービュー: \ にてパス指定表記可

リストボックス: 複数選択の場合はタブでアイテム名を繋げる

CLKITEMは、指定したウィンドウのボタンやアイテムをクリックします。
パラメーターと種別が多いので難しく見えますが、
以下のサンプルでシンプルな動きを参考にして下さい。

電卓を操作する

電卓を起動し、
各ボタンを押下します。
最後のCLKITEMではCLK_BTNを置いていますが、
無くても動きます。3つ目の引数は任意の項目です。

GID = EXEC("calc")
CLKITEM(GID,"1")
CLKITEM(GID,"0")
CLKITEM(GID,"2")
CLKITEM(GID,"+")
CLKITEM(GID,"2")
CLKITEM(GID,"0")
CLKITEM(GID,"1")
CLKITEM(GID,"=")
MSGBOX("答えは303です。リセットします。")
//CLK_BTNはオマケ。無くてもボタンは押下されます
CLKITEM(GID,"C",CLK_BTN)

タグ

2012年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:逆引き関数

IEの起動(visible)

CREATEOLEOBJからInternetExplorerのCOMオブジェクトを作成し、
visibleプロパティを操作してIEを表示させます

visibleプロパティ
IE.visible = True / False

visibleプロパティ
・True・・・オブジェクトを表示します
・False・・・オブジェクトを非表示にします

IEを起動する

さあ、まずはInternetExplorerのCOMオブジェクトを生成し、起動させてみましょう。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True

上記のスクリプトを実行してみましょう。
するとInternetExplorerが画面に表示されます。
冒頭の「IE = CREATEOLEOBJ(“InternetExplorer.Application”)」で、
InternetExplorerのCOMオブジェクト(インスタンス)を作成し、IEという変数に格納しています。
続いて、そのIEオブジェクトのvisibleプロパティの値をTrueに設定しています。
visibleとは「可視性」の意味で、オブジェクトの表示/非表示を司ります。

visibleプロパティをFalseにすると?

visibleプロパティで少し遊んでみましょう。
例えばTrueではなく、Falseをセットするとどうなるでしょうか。
何となく、「非表示」になることが想像できます。
しかし、そうなるとCOMオブジェクトは消えてしまうのでしょうか、それともどこかに隠れているだけなのでしょうか。
スクリプトで確認してみましょう。まず、非表示にしてみるスクリプトは以下になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

特殊変数

特殊変数

特殊変数・・・実行環境等に関する情報が格納された変数です。
・G_MOUSE_X・・・マウス位置Xを返す
・G_MOUSE_Y・・・マウス位置Yを返す
・GET_WIN_DIR・・・Windowsディレクトリ
・GET_SYS_DIR・・・System ディレクトリ
・GET_CUR_DIR・・・カレントディレクトリ
・GET_APPDATA_DIR・・・Application Data のディレクトリ
・GET_UWSC_DIR・・・UWSCのディレクトリ
・GET_UWSC_VER・・・UWSCのバージョン
・GET_UWSC_PRO・・・Pro版であればTrue、Free版はFalse
・GET_UWSC_NAME・・・実行中のスクリプト名
・G_SCREEN_W・・・画面幅
・G_SCREEN_H・・・画面高
・G_SCREEN_C・・・色数(1ピクセルのビット数)

実行する

PRINT "G_MOUSE_X="       + G_MOUSE_X
PRINT "G_MOUSE_Y="       + G_MOUSE_Y
PRINT "GET_WIN_DIR="     + GET_WIN_DIR
PRINT "GET_SYS_DIR="     + GET_SYS_DIR
PRINT "GET_CUR_DIR="     + GET_CUR_DIR
PRINT "GET_APPDATA_DIR=" + GET_APPDATA_DIR
PRINT "GET_UWSC_DIR="    + GET_UWSC_DIR
PRINT "GET_UWSC_VER="    + GET_UWSC_VER
PRINT "GET_UWSC_PRO="    + GET_UWSC_PRO
PRINT "GET_UWSC_NAME="   + GET_UWSC_NAME
PRINT "G_SCREEN_W="      + G_SCREEN_W
PRINT "G_SCREEN_H="      + G_SCREEN_H
PRINT "G_SCREEN_C="      + G_SCREEN_C

タグ

2012年6月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

ストップウォッチを作りたい

ストップウォッチを作りたいです。
ループ文で1秒経過するごとにFUKIDASIで時間を表示するところまではできました。
ただ、FUKIDASI中に別の処理をするのはどうすればよいのかわかりません。
SLCTBOXと、タイムアウト秒設定を使いましょう

FUKIDASIによる時間制御まで来ているのは、
とってもよいアプローチです。

時間の表示までは出来ているので、スタートとストップボタンも併せて出すようにしましょう。

と言ってもFUKIDASI関数にはそのような機能はないので、
SLCTBOX関数の出番です。

まずはただの時間表示スクリプト

ご質問にあるようなループ文とFUKIDASIによる時間表示スクリプトは以下の通りです。

TIME = 0
WHILE TRUE
 TIME = TIME + 1
 SLEEP(1)
 FUKIDASI(TIME + "秒経過",0,0,0,20)
 //一応10秒経ったら終了
 IF TIME > 10 THEN EXIT
WEND

スクリプト

では、ストップウォッチを作りましょう。
ループ文の中にSLCTBOXを記述します。
これだと、スクリプトが選択肢が出てきた所で、
進まないんじゃないのかという懸念がありますよね。
でも大丈夫、タイムアウト秒の設定というものがあり、
指定時間を経過すると次のステップに進むことができます。
スクリプトは以下のようになります。

//開始時間
START = GETTIME()
//スタート、ストップの状態を判別
CNTFLG = 1

WHILE TRUE
  //開始時間 - 現在時間で経過時間取得
  NOW = GETTIME() - START 

  //ストップウォッチ、CNTFLG=0の場合はタイムアウト無し=ストップ状態
  SELECT SLCTBOX(SLCT_BTN,CNTFLG,NOW + "秒","スタート","ストップ")

    //スタート
    CASE SLCT_1
      //再スタートはリセット
      START = GETTIME()
      CNTFLG = 1


    //ストップ
    CASE SLCT_2
      CNTFLG = 0

    SELEND
WEND

どうでしょう。期待通りの動きをしていますか。
まずはスクリプト起動時に時間カウントがスタートし、秒数が表示されます。
ストップを押せば、カウントは止まります。
そして再び、スタートをクリックすれば、時間がリセットされてカウントがリスタートします。

しかし、上記のスクリプトでも
少し不親切な気がします。
時間計測中(スタート中)にスタートを押した場合はどうなるでしょうか。
強制的に終了したい場合はどうでしょうか。
少しスクリプトを親切にしてみましょう。
以下のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年6月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Q&A

ARCTAN

ARCCOS関数

数学関数。逆三角関数。
ARCTAN(引数)

実行する

PRINT ARCTAN(1)

タグ

2012年6月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

ドラッグ&ドロップに対応させるには

UWSCに、EXCELやCSVファイル等をドラッグ&ドロップし、 処理を実行したいのですが、 調べたところ、「Drop on Script(http://homepage3.nifty.com/yamakox/DropOnScript/index.html)」をインストールすると可能になるというような記述を見つけました。 しかし現在解説ページが削除されているようで、 どのように使用したらよいのかがわかりませんが、 ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。 また、「Drop on Script」をインストールしたPCでのみ可能になるのか、 それともライブラリのように読み込んで使えるのか、 もしくはUWSC Proで実行ファイルにすれば、 「Drop on Script」をインストールしていないPCでも可能になるのか、 どちらでしょうか。 その他、ドラッグ&ドロップに対応させる方法がございましたら、 ご教示いただければと思います。 よろしくお願い致します。

タグ

2012年6月17日 | コメント/トラックバック(5) |

カテゴリー:掲示板

ARCCOS

ARCCOS関数

数学関数。逆三角関数。
ARCSIN(引数)

実行する

PRINT ARCCOS(1)

タグ

2012年6月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

ARCSIN

ARCSIN関数

数学関数。逆三角関数。
ARCSIN(引数)

実行する

PRINT ARCSIN(1)

タグ

2012年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ