OSの起動判定(GUIが使える状態の判断基準)

UWSCによるリモートデスクトップの一括自動操作スクリプトを作成しています。 RDPに接続後、OSが使えるようになるまでタイムラグが発生致しますが、 GUI上の操作ができるようになったという判定を行ってから、 操作を開始したいと考えております。 環境によってGUIが使えるまでの時間がまちまちなので、SLEEPで調整すると 最大値にしなくてはいけない為、良い方法がないか探っています。 但し、その判定基準が分かりません。 MUSCUR、STATUS等試しましたが判定基準とはなりませんでした。 ご教授お願いします。

タグ

2014年6月20日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:掲示板

このページの先頭へ