セルの位置を取得する

セルの位置を取得する

address([列絶対参照、行絶対参照])
//引数はTRUE/FALSEで指定

新規ワークブックを追加した際の現在のセル位置を取得する

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.workbooks.add()
PRINT "絶対参照:"   + EXCEL.ActiveCell.Address()

上記のスクリプトを実行することで、結果を確認できます。
ワークブックを新規追加すると、
A1の位置にセルが置かれています。
そのため結果が「$A$1」となります。

絶対参照、相対参照でセル位置を取得する

パラメータを利用することで、取得時に絶対参照か相対参照か選ぶことができます


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ