セルを絶対移動、相対移動する

セルを絶対移動、相対移動する

Range(セル位置).Select //絶対移動(例:A100、AC32)
ActiveCell.Offset(行, 列).Select //現在位置から相対移動

セルを移動してみる

絶対移動で行のアルファベット、列の数字を組み合わせたセル位置を入力し、Selectすることで該当場所へ移動できます。
ActiveCell.Offsetで行の数字、列の数字を入力し、Selectすることで該当場所へ移動できます。

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.workbooks.add()
//絶対移動
EXCEL.Range("A30").Select
//相対移動
EXCEL.ActiveCell.Offset(1,2).Select
NEXT

上記のスクリプトを実行することで、セルの移動結果を確認できます。
まずはA30の位置に移動、
そしてそこから下行に1つ、右列に2つ相対移動します。

セルの位置を確認しながら実行する

上記のサンプルだと、一瞬のうちに移動してしまうので確認がしづらいです。
分かりやすい様にメッセージを出しながら実行してみましょう。

スクリプトは下記のようになります。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ