ブックを保存し閉じる

ブックを保存し閉じる

ActiveWorkbook.Save
ActiveWorkbook.SaveAs(ファイル名)
ActiveWorkbook.Saved
ActiveWorkbook.Close

ブックを保存し閉じる

ブックを上書き保存(Save)、別名で保存(SaveAs)をすることができます。
またブックの変更後に保存されたか否かをSavedで取得することができます。
最後にCloseとすることでブックが閉じられます。

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.Workbooks.add()
EXCEL.ActiveWorkbook.Save
EXCEL.ActiveWorkbook.SaveAS("C:\myBook.xls")
PRINT "保存済み? "EXCEL.ActiveWorkbook.Saved
EXCEL.ActiveWorkbook.Close

上記のスクリプトを実施すると、ブックの保存やクローズが確認できます。
なお、上書き保存時に保存されるパスはご自身のマシンにより異なります。
※例えばマイドキュメントに保存されます

保存状況に応じて保存する

Savedを使うことにより、未保存時はFalse、保存時はTrueが返ります。
条件分岐に使用し、未保存ならば上書き、保存済みならば別名で保存をするようにしてみます。
スクリプトは下記のとおりです。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ