IE.document.forms.elementsに情報を入力して送信

IE.document.forms.elementsではエレメントの情報取得に加え、
値をセットすることもできます。
フォームのオブジェクトに値を自動入力し、
サブミット(送信)するには以下のようにします。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = true
IE.navigate("http://canal22.org/sample0012/")

REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4

//「名前」=大小山田を入力
IE.document.forms[0].elements[0].value = "大小山田"
//「都道府県」=北海道を選択
IE.document.forms[0].elements[1].selectedIndex =  3
//「性別」=女性にチェック
IE.document.forms[0].elements[3].checked = True
//「好きな色」=赤、青、黄にチェック
IE.document.forms[0].elements[5].checked = True
IE.document.forms[0].elements[6].checked = True
IE.document.forms[0].elements[7].checked = True
//「パスワード」=1234567890を入力
IE.document.forms[0].elements[8].value = "1234567890"
//「備考」=改行を含む文字列を入力
IE.document.forms[0].elements[9].value = "Hola!<#CR>こんにちは"

MSGBOX("一度リセットします")
IE.document.forms[0].reset()

MSGBOX("再度入力します")

//「名前」=大小山田を入力
IE.document.forms[0].elements[0].value = "大小山田"
//「都道府県」=北海道を選択
IE.document.forms[0].elements[1].selectedIndex =  3
//「性別」=女性にチェック
IE.document.forms[0].elements[3].checked = True
//「好きな色」=赤、青、黄にチェック
IE.document.forms[0].elements[5].checked = True
IE.document.forms[0].elements[6].checked = True
IE.document.forms[0].elements[7].checked = True
//「パスワード」=1234567890を入力
IE.document.forms[0].elements[8].value = "1234567890"
//「備考」=改行を含む文字列を入力
IE.document.forms[0].elements[9].value = "Hola!<#CR>こんにちは"

MSGBOX("サブミットします※プログラムは用意していないため「ページが無い」エラーがでます")
IE.document.forms[0].ok.click()

nameを指定するパターンも可能

nameプロパティから取得した値でも指定可能です。
IE.document.forms[0].onamaeとやればname=onamaeとなっているオブジェクトを
指定可能です。
例えばラジオボタンのオブジェクトの場合、同名のものが複数あるケースが多いので
名前指定時にも配列番号で、細かく特定することができます。
以下のスクリプトで見てみましょう。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ