メール送信3

Option Explicit
Sub abc() '
 

'---コード1|outlookを起動する
    Dim toaddress, ccaddress, bccaddress As String  '変数設定:To宛先、cc宛先、bcc宛先
    Dim subject, mailBody, credit As String '変数設定:件名、メール本文、クレジット、添付
    Dim outlookObj As Outlook.Application    'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Dim mailItemObj As Outlook.mailItem      'Outlookで使用するオブジェクト生成
     
'---コード2|差出人、本文、署名を取得する---
    toaddress = Range("B2").Value   'To宛先
    ccaddress = Range("B3").Value   'cc宛先
    bccaddress = Range("B4").Value  'bcc宛先
    subject = Range("B5").Value     '件名
    mailBody = Range("B6").Value    'メール本文
    credit = Range("B7").Value      'クレジット
 
'---コード3|メールを作成して、差出人、本文、署名を入れ込む---
    Set outlookObj = CreateObject("Outlook.Application")
    Set mailItemObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)
    mailItemObj.BodyFormat = 3      'リッチテキストに変更
    mailItemObj.To = toaddress      'to宛先をセット
    mailItemObj.cc = ccaddress      'cc宛先をセット
    mailItemObj.BCC = bccaddress    'bcc宛先をセット
    mailItemObj.subject = subject   '件名をセット
     
'---コード4|メール本文を改行する
    mailItemObj.Body = mailBody & vbCrLf & vbCrLf & credit   'メール本文 改行 改行 クレジット
     
'---コード5|自動で添付ファイルを付ける---
    Dim attached As String
    Dim attached1 As String
    Dim myattachments As Outlook.Attachments 'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Set myattachments = mailItemObj.Attachments
    attached = Range("B9").Value     '添付ファイル
    attached1 = Range("B10").Value     '添付ファイル
    myattachments.Add attached
    myattachments.Add attached1
 
'---コード6|メールを送信する---
    'mailItemObj.Save   '下書き保存
    mailItemObj.Display  'メール表示(ここでは誤送信を防ぐために表示だけにして、メール送信はしない)
 
'---コード7|outlookを閉じる(オブジェクトの解放)---
    Set outlookObj = Nothing
    Set mailItemObj = Nothing
 
End Sub


関連情報:

  1. メール送信3
  2. メール送信
  3. Excel 空白セルの判定がうまくいかない
  4. メール送信2
  5. ペーストする文章を管理したい

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

コメント

コメントをどうぞ

利用可能なHTMLタグは、<br>,<p>,<hr>です。
コードを表示するには[php]~[/php]で括ってください。

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ