UWSCとInternetExplorer

Internet Explorerを攻略できる
COMコンポーネントの活用テクニックを紹介しています。

IEを介する事務作業において
これまでの常識を覆す
人員削減レベルの自動化が可能になります。

IEの起動(visible)

CREATEOLEOBJから
InternetExplorerのCOMオブジェクトを作成し、
visibleプロパティを操作してIEを表示させます。
サンプルでは、
visibleプロパティの値をfalseにしたスクリプトを取上げてます。

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

指定URLへアクセス(navigate)

InternetExplorerのCOMオブジェクトを操作し、
指定URLへアクセスする方法を解説しています。
サンプルでは、
ローカルPC内でのNavigateについての考察を述べています。

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

IEのビジー状態、オブジェクトの状態を取得(busy, readyState)

InternetExplorerがビジー状態なのか、
操作可能な状態なのかを判別するbusy
について解説しています。
サンプルでは、
ビジー状態とオブジェクトの状態の遷移
を見るスクリプトを取上げています。

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

IE.documentから取得できる情報

IE.documentから取得できる情報を
一覧で紹介しています。
サンプルでは、すべてを実行した結果を表示しています。

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

IE.document.linksから取得できる情報、リンクの操作

IE.document.linksから取得できる情報を
一覧で紹介しています。
サンプルでは、すべてを実行した結果を表示しています。

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

IE.document.imagesから取得できる画像の情報

IE.document.imagesから取得できる情報を
一覧で紹介しています。
サンプルでは、
指定画像が出てきたらメッセージを出すスクリプトを
取上げています。

※動画アリ

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

IE.document.formsから取得できるフォームの情報

IE.document.formsから取得できる情報を
一覧で紹介しています。
サンプルでは、
resetとsubmit送信を取上げています。

※動画アリ

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

IE.document.forms.elementsから取得できるエレメントの情報

IE.document.elementsから取得できる情報を
一覧で紹介しています。
サンプルでは、
nameを指定するパターンを取上げています。

※動画アリ

>>続き

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer


このページの先頭へ