nox 7発マイニングによるUWSC RPA動作検証について

こんにちは https://bit.ly/emplant2000 です。 UWSC と nox 7発(低-1MB)を使ったマイニング環境の自動化 https://www.facebook.com/groups/469481210497212/about/ nox 0:oominer 1:freenem 2:freecardano 3:freefaucet 4:freebitcoin 5:freestream 6:RSVP 7:RSVP //0-1: VM作成 //0-2: VM複製 //1: window位置決め //2: アプリ起動 //3:定期循環 //4:その他 で進めていきたいと思います。 ご興味のある方は是非、ご参加ください。

タグ

2019年8月21日 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:掲示板

メール送信3

Option Explicit
Sub abc() '
 

'---コード1|outlookを起動する
    Dim toaddress, ccaddress, bccaddress As String  '変数設定:To宛先、cc宛先、bcc宛先
    Dim subject, mailBody, credit As String '変数設定:件名、メール本文、クレジット、添付
    Dim outlookObj As Outlook.Application    'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Dim mailItemObj As Outlook.mailItem      'Outlookで使用するオブジェクト生成
     
'---コード2|差出人、本文、署名を取得する---
    toaddress = Range("B2").Value   'To宛先
    ccaddress = Range("B3").Value   'cc宛先
    bccaddress = Range("B4").Value  'bcc宛先
    subject = Range("B5").Value     '件名
    mailBody = Range("B6").Value    'メール本文
    credit = Range("B7").Value      'クレジット
 
'---コード3|メールを作成して、差出人、本文、署名を入れ込む---
    Set outlookObj = CreateObject("Outlook.Application")
    Set mailItemObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)
    mailItemObj.BodyFormat = 3      'リッチテキストに変更
    mailItemObj.To = toaddress      'to宛先をセット
    mailItemObj.cc = ccaddress      'cc宛先をセット
    mailItemObj.BCC = bccaddress    'bcc宛先をセット
    mailItemObj.subject = subject   '件名をセット
     
'---コード4|メール本文を改行する
    mailItemObj.Body = mailBody & vbCrLf & vbCrLf & credit   'メール本文 改行 改行 クレジット
     
'---コード5|自動で添付ファイルを付ける---
    Dim attached As String
    Dim attached1 As String
    Dim myattachments As Outlook.Attachments 'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Set myattachments = mailItemObj.Attachments
    attached = Range("B9").Value     '添付ファイル
    attached1 = Range("B10").Value     '添付ファイル
    myattachments.Add attached
    myattachments.Add attached1
 
'---コード6|メールを送信する---
    'mailItemObj.Save   '下書き保存
    mailItemObj.Display  'メール表示(ここでは誤送信を防ぐために表示だけにして、メール送信はしない)
 
'---コード7|outlookを閉じる(オブジェクトの解放)---
    Set outlookObj = Nothing
    Set mailItemObj = Nothing
 
End Sub


タグ

2019年8月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

メール送信3

Option Explicit
Sub abc() '
 
'---コード1|outlookを起動する
    Dim toaddress, ccaddress, bccaddress As String  '変数設定:To宛先、cc宛先、bcc宛先
    Dim subject, mailBody, credit As String '変数設定:件名、メール本文、クレジット、添付
    Dim outlookObj As Outlook.Application    'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Dim mailItemObj As Outlook.mailItem      'Outlookで使用するオブジェクト生成
     
'---コード2|差出人、本文、署名を取得する---
    toaddress = Range("B2").Value   'To宛先
    ccaddress = Range("B3").Value   'cc宛先
    bccaddress = Range("B4").Value  'bcc宛先
    subject = Range("B5").Value     '件名
    mailBody = Range("B6").Value    'メール本文
    credit = Range("B7").Value      'クレジット
 
'---コード3|メールを作成して、差出人、本文、署名を入れ込む---
    Set outlookObj = CreateObject("Outlook.Application")
    Set mailItemObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)
    mailItemObj.BodyFormat = 3      'リッチテキストに変更
    mailItemObj.To = toaddress      'to宛先をセット
    mailItemObj.cc = ccaddress      'cc宛先をセット
    mailItemObj.BCC = bccaddress    'bcc宛先をセット
    mailItemObj.subject = subject   '件名をセット
     
'---コード4|メール本文を改行する
    mailItemObj.Body = mailBody & vbCrLf & vbCrLf & credit   'メール本文 改行 改行 クレジット
     
'---コード5|自動で添付ファイルを付ける---
    Dim attached As String
    Dim attached1 As String
    Dim myattachments As Outlook.Attachments 'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Set myattachments = mailItemObj.Attachments
    attached = Range("B9").Value     '添付ファイル
    attached1 = Range("B10").Value     '添付ファイル
    myattachments.Add attached
    myattachments.Add attached1
 
'---コード6|メールを送信する---
    'mailItemObj.Save   '下書き保存
    mailItemObj.Display  'メール表示(ここでは誤送信を防ぐために表示だけにして、メール送信はしない)
 
'---コード7|outlookを閉じる(オブジェクトの解放)---
    Set outlookObj = Nothing
    Set mailItemObj = Nothing
 
End Sub

タグ

2019年8月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

メール送信2

gettime()

title="テキスト"+G_TIME_MM+"テキスト"+G_TIME_DD

path="C:\Users\user\Desktop\aaaaaa.xlsm"

Dim o_XL = CreateOLEObj("Excel.Application")
Dim o_WB = o_XL.WorkBooks.Open(FileName := path, ReadOnly := False)

o_XL.Visible  = TRUE
o_XL.DisplayAlerts  = FALSE

r_fp="C:\Users\user\Desktop\a.txt"
w_fp="C:\Users\user\Desktop\a.txt"

Dim ID_f	= FOpen(r_fp)
str= FGet(ID_f, F_ALLTEXT)
FClose(ID_f)

from="$1"
from1="$2"

str=chgmoj(str, from, G_TIME_MM)
str=chgmoj(str, from1,G_TIME_DD)

ID_f = FOpen(w_fp, F_READ or F_WRITE8 or F_NOCR)
FPut(ID_f, str, F_ALLTEXT)
FClose(ID_f)

o_XL.range("b5").value=title

o_XL.range("b6").value=str

o_XL.run("sheet1.abc")

タグ

2019年7月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

メール送信

Option Explicit
Sub sendmail_sample1() '

'---コード1|outlookを起動する
    Dim toaddress, ccaddress, bccaddress As String  '変数設定:To宛先、cc宛先、bcc宛先
    Dim subject, mailBody, credit As String '変数設定:件名、メール本文、クレジット、添付
    Dim outlookObj As Outlook.Application    'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Dim mailItemObj As Outlook.mailItem      'Outlookで使用するオブジェクト生成
    
'---コード2|差出人、本文、署名を取得する---
    toaddress = Range("B2").Value   'To宛先
    ccaddress = Range("B3").Value   'cc宛先
    bccaddress = Range("B4").Value  'bcc宛先
    subject = Range("B5").Value     '件名
    mailBody = Range("B6").Value    'メール本文
    credit = Range("B7").Value      'クレジット

'---コード3|メールを作成して、差出人、本文、署名を入れ込む---
    Set outlookObj = CreateObject("Outlook.Application")
    Set mailItemObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)
    mailItemObj.BodyFormat = 3      'リッチテキストに変更
    mailItemObj.To = toaddress      'to宛先をセット
    mailItemObj.cc = ccaddress      'cc宛先をセット
    mailItemObj.BCC = bccaddress    'bcc宛先をセット
    mailItemObj.subject = subject   '件名をセット
    
'---コード4|メール本文を改行する
    mailItemObj.Body = mailBody & vbCrLf & vbCrLf & credit   'メール本文 改行 改行 クレジット
    
'---コード5|自動で添付ファイルを付ける---
    Dim attached As String
    Dim myattachments As Outlook.Attachments 'Outlookで使用するオブジェクト生成
    Set myattachments = mailItemObj.Attachments
    attached = Range("B9").Value     '添付ファイル
    myattachments.Add attached

'---コード6|メールを送信する---
    'mailItemObj.Save   '下書き保存
    mailItemObj.Display  'メール表示(ここでは誤送信を防ぐために表示だけにして、メール送信はしない)

'---コード7|outlookを閉じる(オブジェクトの解放)---
    Set outlookObj = Nothing
    Set mailItemObj = Nothing

End Sub

タグ

2019年7月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

uwscファイル作成

uwscファイル作成 OPTION SPECIALCHAR GETTIME() time = G_TIME_dd2 + G_TIME_HH2 + G_TIME_NN2 fp=”C:\Users\user\Desktop\”+time+”.uws” str=getstr(0) ID_f = FOpen(fp, F_READ or F_WRITE8 or F_NOCR) FPut(ID_f, str, F_ALLTEXT) FClose(ID_f) fp1=chgmoj(fp,”",”") dim cmd[] = “start”,fp1 doscmd(join(cmd)) sleep(0.5) fp=”"+fp+”" sendstr(0, fp)

タグ

2019年7月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

便利です。gettime

DIM day[] = “日曜日”,”月曜日”,”火曜日”,”水曜日”,”木曜日”,”金曜日”,”土曜日” GETTIME() MSGBOX(“今日は” + day[G_TIME_WW] + “です”)

タグ

2019年7月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

便利な関数

便利な関数です。 //——————ファイル操作 Function Read_ALLText(a_Path_File) //テキストを全て読込_ファイル操作 Dim ID_f = FOpen(a_Path_File) Result = FGet(ID_f, F_ALLTEXT) FClose(ID_f) FEnd Procedure Write_ALLText(a_Path_File, a_Text) //テキストを全て書込(上書き)フォルダーがないとその後ろのファイルは作成できない_ファイル操作 ID_f = FOpen(a_Path_File, F_READ or F_WRITE8 or F_NOCR) FPut(ID_f, a_Text, F_ALLTEXT) FClose(ID_f) FEnd Procedure Write_ALLText1(a_Path_File, a_Text) //テキストを全て書込(追加)_ファイル操作 Dim ID_f = FOpen(a_Path_File, F_READ or F_WRITE8 or F_NOCR) FPut(ID_f, a_Text) FClose(ID_f) FEnd ——————— Function gyou(fp) //行数取得_パス_ファイル操作 fid=fopen(fp,F_READ) gyou=fget(fid,-1) Result=gyou fclose(fid) Fend ——————— procedure fil_gyou_hai2(出力ファイル,区切り文字) //ファイル内行ごと:区切って配列を2つ_配列 res = Read_ALLText(出力ファイル) dim hi=0 public hai1[-1],hai2[-1] d=gyou(出力ファイル) fid=fopen(出力ファイル,F_READ) resize(hai1, d – 1) resize(hai2, d – 1) for i = 1 to d nai=fget(fid,i) hai1[hi]=token(区切り文字,nai) hai2[hi]=token(区切り文字,nai) hi=hi+1 next fclose(fid) fend ——————— DosCmd(“robocopy C:\Users\user\Desktop\完成記事までスクリプト一覧 C:\Users\user\Dropbox\backup\完成記事までスクリプト一覧 /E”) ——————— ドラッグアンドドロップ SLEEP(1) x = G_MOUSE_X y = G_MOUSE_Y BTN(LEFT, DOWN) // マウスの左ボタンを押したままにする SLEEP(0.1) MMV(x + 100, y + 100) // マウスカーソルを移動させる SLEEP(0.1) BTN(LEFT, UP) // マウスの左ボタンを離す // マウスボタン BTN( ボタン, [状態, x, y, ms] ) 引数  ボタン:LEFT, RIGHT, MIDDLE, WHEEL(ホイール回転), TOUCH(タッチ処理)  状態:CLICK(0:デフォルト), DOWN(1), UP(2)  WHEEL指定時はノッチ数  x, y: 位置 (省略時は現在位置にて)   ms: 実行までの待ち時間 (ミリセカンド)  ※ TOUCH(タッチ操作)は MOUSEORG関数にて MORG_DIRECT指定時には無効 // キーボード KBD( 仮想KEY, [状態, ms] ) 引数  仮想KEY: 仮想KEYコード、もしくはUNICODE  状態:CLICK(0:デフォルト), DOWN(1), UP(2)  ms: 実行までの待ち時間 (ミリセカンド)

タグ

2019年7月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

SETHOTKEYについて

SETHOTKEY(VK_f,,”f”)  while true sec=0.1 SLEEP(sec) if getkeystate(VK_esc) then exitexit endif wend procedure f() id=getid(GET_ACTIVE_WIN) sckey(id,VK_,VK_,vk_) fend

タグ

2019年7月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

画像認識

img_file= IFB CHKIMG(img_file) // 認識させたい画像ファイルを指定する // 画像認識に成功した場合の処理をここに書く x1=G_IMG_X y2=G_IMG_Y MMV(x1,y2) BTN(LEFT,CLICK) ELSE // 画像認識に失敗した場合の処理をここに書く MSGBOX(“画像認識に失敗しました。”) ENDIF

タグ

2019年7月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:掲示板

このページの先頭へ