BREAK

BREAK

REPEAT-UNTIL,WHILE-WEND,FOR-NEXTのループを中断する

BREAK [ループ数]

・ループ数・・・多重ループの場合に指定数だけのループを抜ける。省略時は1

ループを途中で中断しよう

REPEAT-UNTIL,WHILE-WEND,FOR-NEXTは、条件を満たすまでは処理が繰り返されます。
しかし間にBREAKを入れることで、ループ終了条件前でもループを抜けることができるようになります。
簡単な例を見てみましょう。

//通常"A=変数"は100まで出力されますが・・・
FOR A = 1 TO 100
 PRINT "A=" + A
 //50の場合はBREAKの一文により、途中でループは終了
 IF A = 50 THEN BREAK
NEXT

多重ループを全部抜けるには

BREAKの書き方で
BREAK [ループ数]と言う表現を記載しています。
例えば多重ループというループ文の中にループ文が入れ子にされた状態の場合
BREAKだけしか記載していない場合は、
記載してあるループ文が中断されるだけです。
全部のループを抜けたい、あるいは複数のループを抜けたい場合は
‘BREAK ループ数’という表現にしましょう。
3つの多重ループでサンプルをお見せします。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ