FOR-NEXT

FOR-NEXT

FOR-NEXTによるループ処理を行う

FOR 変数 = 初期値 TO 終了値 [ STEP 刻み値]
処理
NEXT

・変数・・・カウンタ変数
・初期値・・・開始値
・終了値・・・最終値
・刻み値・・・カウンタ変数の1ループあたりの増加数、STEP省略時は1

パラメーターは多いけど使いやすいループ

FOR-NEXTはある処理を繰り返す(ループ処理)場合に便利です。
最初に登場するパラメーターが最低でも3つもあるのが少し戸惑いますが、
慣れてしまえば簡単です。

FOR A = 1 TO 10
 PRINT "A:" + A
 PRINT "->Hello For Next"
NEXT

上記はFOR-NEXTの簡単なサンプルです。
カウンタ変数として「A」に初期値1を設定。
その後、Aが1ループごとに1増加しています。

回数や個数が決まっている場合に便利なループ

他にもWHILE-WENDやREPEAT-UNTILといったループがあるため
最初はその使い分けが分からないかもしれません。
FOR-NEXTはループ回数が決まっている場合や
対象の個数が決まっている場合に使うケースが多いです。
100回実行する(FOR A = 1 TO 100)、
配列や文字数だけ実行する(FOR A = 1 TO LENGTH(TEXT)、FOR A = 0 TO (RESIZE(ARRAY) – 1))、
こう言った場合はFOR-NEXTの出番です。
逆に、状態が変化するまで、処理を続けると言った場合には
WHILE-WENDやREPEAT-UNTILを使います。

STEPの刻み値を利用し、カウンタが減少していくループ

さて、ちょっとだけ応用。
STEPの後に数値を指定することで、カウンタの増加数を自由に決めることができます。
この機能を利用して、カウンタが減少していくスクリプトを作りましょう。
このようになります。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ