REPEAT-UNTIL

REPEAT-UNTIL

REPEAT-UNTILによるループ処理を行う

REPEAT
処理
UNTIL 条件

・条件・・・判定結果がFalseの場合ループが続き、Trueで終了

最低1回は実施されるループ

REPEAT-UNTILは条件がFalseの結果を返す限り処理を続けるループ文です。
なのでUNTIL FALSEとした場合は、BREAKを入れない限り、無限ループとなります。
FOR-NEXTループと異なり、カウンタは無いため、
自分で用意する必要があります。

//カウンタは自分で用意
CNT = 1
REPEAT
 PRINT "CNT:" + CNT
 CNT = CNT + 1
UNTIL CNT > 100

WHILE同様、状態が変わるまで処理を続ける場合にはREPEAT-UNTIL、但し・・・

REPEAT-UNTILは先に処理が記述され
その後でUNTILの所で、条件判定が行われています。
大事なポイントは、REPEAT-UNTILはループ終了条件だったとしても
最低1回は処理が実行されると言うことです。
WHILE-WENDは条件がTrueの限りループ
REPEAT-UNTILは条件がFalseの限りループ(Trueになったら終了)
という点もご留意下さい。

マウスが移動したら処理を止める

マウスの起動時の位置を記憶しておき、
吹き出し表示という処理を行い続けます。
もし、マウスの位置が移動したら、
処理を終了するというスクリプトを書いてみましょう。
以下のようになります。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ