SELECT-SELEND

SELECT-SELEND

値を複数の条件で比較して、それぞれに条件一致する場合の処理を実行させる

SELECT 値
CASE 条件1
処理1
CASE 条件2
処理2
CASE 条件3, 3′
処理3
・・・・・
[DEFAULT]
[DEFAULTの処理]
SELEND

・値・・・比較される値や式を指定
・条件・・・比較する値や式を指定、カンマで複数指定も可能
・処理・・・値が条件に一致した場合に行う処理を記述
・DEFAULT・・・いずれの条件にも合致しなかった場合の処理を記述

IFB-ELSEIFよりも簡単に記述する

例えば、ある変数に1~5の値が入っているとします。
続いての処理で、1の場合はある処理を、2の場合はこういう処理を
3の場合は、4の場合は、5の場合は、それ以外の場合は・・・。
という処理を実現したい場合、まず浮かぶのはIFBとELSEIFの組み合わせだと思います。
しかし、SELECT-SELENDを使うともっとスマートに以下のように記述することができます。

//1~5の値をランダムに代入
VALUE = RANDOM(5) + 1

SELECT VALUE
 CASE 1
    PRINT "1が出たぞ"
 CASE 2
    PRINT "2出た"
 CASE 3
    PRINT "3出たぞ"
 CASE 4
    PRINT "4だぞ"
 CASE 5
    PRINT "5みたいだ"
 DEFAULT
    PRINT "違う数だな"
SELEND

SLCTBOXとの組み合わせが吉

選択ダイアログボックスを出すSLCTBOX関数があります。
この関数の戻り値は、選択したボタン(SLCT_1~)です。
これをSELECT-SELENDと組み合わせれば、
以下のようなスクリプトが完成します。
セレクトボックスを表示し、押下したボタンによって
表示メッセージを変えるスクリプトです。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ