文字列のコピー

文字列の一部をコピーする関数です

COPY(文字列,開始位置,コピーする文字数)

文字列
対象となる文字列
開始位置
コピーの開始位置を先頭からの文字数で指定
コピーする文字数
何文字目までコピーするかを指定

れによって、文字列の任意の部分を取得できます。
※ バイト処理の場合は COPYB です。
また、POS関数LENGTH関数と連動させて、利用されることが多いです。
EXCEL関数を多用される方には、利用シーンが沢山見つかるでしょう。

名前だけを取得するサンプル

//常に姓と名の間にスペースがある前提
mojiretu = "山田 まりお"
STR = COPY(mojiretu,POS(" ",mojiretu)+1,LENGTH(mojiretu))
PRINT STR

関連情報:

  1. メッセージボックスの表示
  2. Webページにあるリンクの数を調べたい


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ