自作関数の定義

UWSCで自作関数を定義する方法です

PROCEDURE 関数名( 引数, Var 引数, 引数[], Var 引数[][], 引数=定数, …. )
    処理
FEND

FUNCTION 関数名( 引数, Var 引数, 引数[], Var 引数[][], 引数=定数, …. )
    処理
    RESULT = 戻り値    // Result に戻り値を入れる
FEND

Var 宣言を付けると引数を変更可能とする(参照引数)
配列変数には次元数分 []を付ける (2次元配列の場合 引数[][] )
= 定数 にてデフォルトパラメータを指定できる
(デフォルトパラメータ以降に通常引数を書く事はNG)

戻り値のあるなしで書式が変わるので注意が必要です。
関数はFUNCTIONS.UWSなどでまとめて、
Call関数で呼び出して利用するとスッキリして分りやすいです。

自作関数を利用して消費税を得るスクリプト

PRE_PRICE = INPUT("金額を入力してください<#CR>※数字のみ")
AFTER_PRICE = TAX(PRE_PRICE)
PRINT "税込み価格:" + AFTER_PRICE

FUNCTION TAX(PRICE)

	TAX_PRICE = PRICE * 1.05
	RESULT	= INT(TAX_PRICE)
FEND

関連情報:

  1. ランダムな文字列をメモ帳に書き出したい


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ