COMコンポーネントの開いているウィンドウを制御する(GETACTIVEOLEOBJ)

開いているウィンドウを制御する
GETACTIVEOLEOBJ(“InternetExplorer”,ウィンドウタイトル)

GETACTIVEOLEOBJ関数は、
既に開いているウィンドウを制御する場合に使います。
「ウィンドウタイトル」は制御したい対象のウィンドウタイトルを記述しますが、
一部でも構いません。 ※一部アプリでは無効

アクティブにしたウィンドウのタイトルタグを取得するサンプル

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate("http://www.google.co.jp/")
BusyWait(IE)

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate("http://www.yahoo.co.jp/")
BusyWait(IE)

FOR KAISU = 1 TO 5
	IE = GETACTIVEOLEOBJ("InternetExplorer.Application","Google")
	SLEEP(1)
	PRINT IEGetSrc(IE, "TITLE")
	IE = GETACTIVEOLEOBJ("InternetExplorer.Application","yahoo")
	SLEEP(1)
	PRINT IEGetSrc(IE, "TITLE")
NEXT

Procedure BusyWait(ie)
  Sleep(0.5)  // Wait
  Const TIME_OUT = 90
  tm = Gettime()
  repeat
    Sleep(0.2)
    ifb Gettime() - tm > TIME_OUT
      MsgBox("Time Out:BusyWait")
      ExitExit
    endif
  until (! ie.busy) and (ie.readyState=4)
  Sleep(0.5)
Fend

解説

このプログラムを動かすと、
GETACTIVEOLEOBJが働いていることが確認できます。

関連情報:

  1. IEの基本スクリプト(CreateOLEObj)
  2. COMオブジェクトからInternet Explorerを操作したい
  3. Webページにあるリンクの数を調べたい
  4. BETWEENSTR
  5. 日時を取得する


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ