ACW

ACW関数

ウィンドウのサイズ、位置を操作する
ACW(ウィンドウのID, X, Y [,幅 ,高さ ,ms] )

引数

ウィンドウのID・・・Windowを識別するID
X、Y・・・ウィンドウの位置
幅、高さ・・・ウィンドウのサイズ
ms・・・待ち時間(ミリ秒)

メモ帳の位置やサイズを操作する

メモ帳を起動し、左上から15、15の位置に移動します。そしてウィンドウのサイズを200、200にします。

ID = EXEC("notepad")
ACW(ID,15,15,200,200)

常に同じ場所同じサイズでメモ帳を開く


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ