CALCARRAY

CALCARRAY関数

配列データを計算
戻値 = CALCARRAY(変数名, 計算法, [開始, 終了] )

引数

変数名・・・対象の配列変数名
計算法・・・下記の計算方法を指定

CALC_ADD・・・合計値
CALC_MIN・・・最小値
CALC_MAX・・・最大値
CALC_AVR・・・平均値

開始, 終了: 計算する開始位置、終了位置の添え字を指定

配列の値の合計値を計算する

DIM STR[2]
STR[0] = 8
STR[1] = 100
STR[2] = -4
PRINT CALCARRAY(STR,CALC_ADD)

配列にある100コの値を集計する

配列にランダムな値を代入し、集計してみましょう。
スクリプトは下記のようになります。

DIM STR[99]
FOR A = 0 TO RESIZE(STR)
 //ランダムな数を挿入
 STR[A] = RANDOM(100) + RANDOM(100)
NEXT
 PRINT "配列の合計値は" + CALCARRAY(STR,CALC_ADD)
 PRINT "配列の最小値は" + CALCARRAY(STR,CALC_MIN)
 PRINT "配列の最大値は" + CALCARRAY(STR,CALC_MAX)
 PRINT "配列の平均値は" + CALCARRAY(STR,CALC_AVR)

関連情報:

  1. RESIZE
  2. CPUUSERATE
  3. POS
  4. COPY
  5. SHIFTARRAY


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ