CHKBTN

CHKBTN関数

チェックボックス、ラジオボタンがチェックされているか調べる
戻値 = CHKBTN(ウィンドウのID, アイテム名, [番号, ACC指定] )

引数

 ウィンドウのID: Windowを識別するID
 アイテム名: ボタン、チェックボックス、ラジオボタンのキャプションの文字
 番号: 同名がある場合のオブジェクト順番(左上から1、2、3・・・と数えた順番)
 ACC指定:
    FALSE:APIによる(デフォルト)
    TRUE:アクセシビリティ用インターフェースを利用
戻値
 -1: 存在しない or 無効状態
 0 : チェックされていない
 1 : チェックされている
 2 : チェックボックスにて淡色の場合

チェックボックスやラジオボタンのチェック状態を調べます。

チェックの有無を調べる

メモ帳を起動し、
「置換」ウィンドウの「大文字と小文字を区別する」チェックボックスの
状態を調べます。
チェックが入っていない場合は、チェックを入れます。

GID = EXEC("notepad")
SCKEY(GID,VK_CTRL,VK_H)
RID = GETID("置換")
WHILE CHKBTN(RID,"大文字と小文字を区別する") = 0
 MSGBOX("「大文字と小文字を区別する」にチェックを入れます")
 CLKITEM(RID,"大文字と小文字を区別する")
WEND

関連情報:

  1. CLKITEM
  2. GETID
  3. アプリケーションのメニューやボタンを操作する方法が知りたいです


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ