CLKITEM

CLKITEM関数

アイテムをクリックする
戻値 = CLKITEM(ウィンドウのID, アイテム名, [種別, On/Off, 番号] ) 

引数
ウィンドウのID:Windowを識別するID
         (例:GETID関数で取得できる値)

アイテム名:ボタン、チェックボックス、ラジオボタンのキャプションの文字、
      リストボックス、コンボボックスの選択名、タブ名、
      メニュー項目名、ツリービュー項目、リストビュー項目、
      ツールバー上のボタン名
      (のいずれか)

種別:
   CLK_BTN・・・ボタン、チェックボックス、ラジオボタン
   CLK_LIST・・・リストボックス、コンボボックス
   CLK_TAB・・・タブコントロール
   CLK_MENU・・・メニュー
   CLK_TREEVEW(CLK_TREEVEW)・・・ツリービュー
   CLK_LSTVEW(CLK_LISTVIEW)・・・リストビュー
   CLK_TOOLBAR・・・ツールバー
   CLK_ACC・・・アクセシビリティ用インターフェース経由によるクリック
   CLK_SHORT・・・文字省略指定: 部分一致にて検索
              (例:CLK_LIST or CLK_SHORT)
   CLK_BACK・・・バックグランド実行: ウィンドウをアクティブ化しません
   CLK_MUSMOVE・・・マウス移動: マウスをその場所に移動します
                 (CLK_MOUSEMOVE でも可)
   CLK_RIGHTCLK・・・右クリック動作
   CLK_LEFTCLK・・・左クリック動作
   CLK_DBLCLK・・・ダブルクリック
   CLK_FROMLAST・・・後ろからサーチ
                 CLK_ACC 指定時にアイテムを後ろからサーチ
   CLK_CONTINUE・・・前回地点からサーチ
                CLK_ACC 指定時に前回の実行地点からサーチ
On/Off:チェックボックス、メニューでのチェック、クリック動作
     True=On(デフォルト)、False=Off

番号: 同名のアイテム名がある場合の
    オブジェクト順番
    (左上から数えたオブジェクト順番[1から指定])

戻値
TRUE:正常
FALSE:処理不能

補足
アイテム名の最後に付く ニーモニック(&A)、(&B)は不要

種別:省略時は下記順でサーチ
   BTN->LIST->TAB->MENU->TREEVEW->LSTVEW->TOOLBAR
   メニュー、ツリービュー: \ にてパス指定表記可

リストボックス: 複数選択の場合はタブでアイテム名を繋げる

指定したウィンドウのIDに対してボタンやアイテムのクリック動作をします。
パラメーターと種別が多いので難しく見えますが、
以下のサンプルでシンプルな動きを参考にして下さい。

電卓を操作する

電卓を起動し、
各ボタンを押下します。
最後のCLKITEMではCLK_BTNを置いていますが、
無くても動きます。3つ目の引数は任意の項目です。

GID = EXEC("calc")
CLKITEM(GID,"1")
CLKITEM(GID,"0")
CLKITEM(GID,"2")
CLKITEM(GID,"+")
CLKITEM(GID,"2")
CLKITEM(GID,"0")
CLKITEM(GID,"1")
CLKITEM(GID,"=")
MSGBOX("答えは303です。リセットします。")
//CLK_BTNはオマケ。無くてもボタンは押下されます
CLKITEM(GID,"C",CLK_BTN)


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ