COMオブジェクト操作関連

COMオブジェクト操作関連関数

COMについては上級者編で解説されております。
関数を使用した具体的なCOMオブジェクトの活用例は上級者編をご参照下さい。

CREATEOLEOBJ

COMオブジェクト生成
戻値 = CREATEOLEOBJ( COMオブジェクト名 )

引数
 COMオブジェクトを指定

戻値
 COMオブジェクト
なお、COMからメソッド使用時に引数に値取得がある場合
引数の変数の前にVarを付記

GETACTIVEOLEOBJ

既に起動中のCOMオブジェクトを取得
戻値 = GETACTIVEOLEOBJ(COMオブジェクト名,[タイトル, 順番])

引数
 COMオブジェクトを指定
 タイトル: 複数時にタイトルで区別(部分一致可)
 なお、Excel、Access、Wordの場合はファイル名を指定
 IE、Office以外では無効
 順番: IEのみ有効、タイトルが同じ時に区別

戻値
 COMオブジェクト

GETOLEITEM

コレクションの取得
戻値 = GETOLEITEM( コレクションプロパティ名)

引数
 コレクションプロパティ名:COMオブジェクトのコレクション取得プロパティ名を指定

戻値
 取得したコレクションの数
 取得したコレクションは配列変数の
 ALL_OLE_ITEM[ ]に配列ゼロから格納

OLEEVENT

イベント処理の定義
OLEEVENT( COMオブジェクト, インタフェース名, イベント名, Procedure名)

引数
 COMオブジェクトを指定
 インタフェース名: ディスパッチインタフェース名
 イベント名
 Procedure名:UWSC側Procedure
 Procedure内にてイベントの引数は配列変数EVENT_PRM[ ]に配列ゼロから格納

COM_ERR_IGN-COM_ERR_RET

COMエラーメッセージの抑止

COM_ERR_IGN
 ・・・COM処理・・・
COM_ERR_RET
COM処理中のエラーはCOM_ERR_FLG にTRUEが設定

SAFEARRAY

SAFEARRAY型の作成
戻値 = SAFEARRAY( [下限, 上限])

引数
 下限: 配列の下限を設定
 上限: 配列の上限を設定

戻値
 作成されたSAFEARRAY型を返す

関連情報:

  1. COMコンポーネントの開いているウィンドウを制御する(GETACTIVEOLEOBJ)
  2. SETHOTKEY
  3. IE.documentから取得できる情報
  4. IEの起動(visible)
  5. GETID


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ