CPUUSERATE

CPUUSERATE関数

CPU使用率を取得

戻値 = CPUUSERATE( )

戻値

CPU使用率(分解能1秒)

CPU使用率を取得する

MSGBOX(CPUUSERATE())

処理によるCPU使用率の遷移を見る

CPUUSERATEでCPU使用率を確認します。
その際に、タスクマネージャの表示と別処理をさせながら、
戻値の変化を確認してみます。

スクリプトは以下のようになります。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ