CTRLWIN

CTRLWIN関数

ウィンドウを操作する
CTRLWIN(ウィンドウのID, 命令)

引数

ウィンドウのID: Windowを識別するID
命令:
指定したウィンドウに対して以下の命令を送る
CLOSE・・・終了
CLOSE2・・・終了(QUIT)
ACTIVATE・・・アクティブ
HIDE・・・非表示
SHOW・・・表示
MIN・・・アイコン化
MAX・・・最大化
NORMAL・・・サイズ戻す
TOPMOST・・・最前面に固定
NOTOPMOST・・・最前面固定を解除

ウィンドウを指定した命令の状態にします。

ウィンドウを操作する

メモ帳を起動し、
メモ帳をさまざまな状態にするよう、
CTRLWIN関数で命令を送ります。

ID = EXEC("notepad")
SENDSTR(ID,"hogehoge")
MSGBOX("最小化します")
CTRLWIN( ID , MIN)
MSGBOX("最大化します")
CTRLWIN( ID , MAX)
MSGBOX("元のサイズに戻します")
CTRLWIN( ID , NORMAL)
MSGBOX("隠します")
CTRLWIN( ID , HIDE)
MSGBOX("表示します")
CTRLWIN( ID , SHOW)
MSGBOX("最前面に固定します")
CTRLWIN( ID , TOPMOST)
MSGBOX("最前面に固定。電卓を起動したとしても最前面にはきません")
ID2 = EXEC("calc")
MSGBOX("電卓を終了します")
CTRLWIN( ID2 , CLOSE)
MSGBOX("最前面固定を解除します")
CTRLWIN( ID , NOTOPMOST)
MSGBOX("アクティブ化します")
CTRLWIN( ID , ACTIVATE)
MSGBOX("終了します(QUIT)。CLOSE2は内容を保存するか聞く事も無く閉じられます")
CTRLWIN( ID , CLOSE2)

関連情報:

  1. アプリケーションのメニューやボタンを操作する方法が知りたいです
  2. CLKITEM
  3. CHKBTN
  4. GETID


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ