DELETEINI

DELETEINI関数

INIファイルから削除

WRITE( セクション, キー, [INIファイル名] )

引数
・ セクション・・・セクション名
・キー・・・キー名
・INIファイル名・・・読み込みINIファイルのパス、ファイル名
省略時はカレントディレクトリにスクリプト名.INI

INIファイルの形式は下記の通りです。

[TEST] ;これがセクション。この場合セクション名はTEST
TESTVAL=YESNO ;パラメータ、TESTVALがキーで、YESNOが値
;ちなみにセミコロン以降はコメント扱いとなります

UWSCのINIファイルから削除する

UWSCのディレクトリにはUWSC.INIファイルがあり、色々な情報がありますので、試しにテスト情報を削除して見ましょう。

//UWSCのディレクトリとファイル名を取得
INIFILE = GET_UWSC_DIR + "\UWSC.INI"
//INIファイルにTESTセクション、MYTESTキーにMYVALをセット
WRITEINI("TEST","MYTEST","MYVAL",INIFILE)
//書き込みの確認
PRINT READINI("TEST","MYTEST",INIFILE)
//INIファイルから削除
DELETEINI("TEST","MYTEST",INIFILE)
//値を確認し、消えている
PRINT READINI("TEST","MYTEST",INIFILE)

INIファイルに様々な値を定義できますが、
不要な情報の整理もできます。
次のスクリプトでは、まずC:\直下にTEST.INIファイルを
作成し、TESTセクションに
MYTEST=MYVALUEという情報を書き込みます。
そうしてから、そのINIファイルから該当の値を削除しています。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ