EXEC

EXEC関数

アプリを起動する

戻値 = EXEC(exe名, [同期フラグ, X, Y, 幅, 高さ] )

引数

exe名・・・起動したいアプリ名
同期フラグ・・・FALSE:待たない(デフォルト)、TRUE:そのアプリが終了するまで待つ
X、Y、幅・・・起動アプリの位置や幅を制御

戻値

起動したアプリのウィンドウのID

メモ帳を起動する

EXEC("notepad",100,100,30)

複数のアプリを起動し、それぞれ制御する

まずは、メモ帳、電卓を起動し、
それぞれ順番にクローズしていきます。
スクリプトは以下の通りです。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ