FGET

FGET関数

ファイルを読み込む

戻値 = FGET( ファイルID, 行, [列, ダブルクォーテイション])

引数

ファイルID・・・FOPENで取得したファイルID
行・・・取出したい行(1から指定)

もしくは下記を指定
F_LINECOUNT・・・ファイルの行数を返す
F_ALLTEXT・・・ファイルの全内容を返す

列・・・取出したい列(1から指定:,カンマ区切りのCSVファイルに対応)
ダブルコーテイション

FALSE: 両端のダブルコーテイションは削除(デフォルト)
TRUE: 削除しない

戻値
取出された値

ファイルの中身の全内容を返す

//事前にファイルを準備
//C:\myTest.txt作成
DOSCMD("echo %DATE%%TIME% > C:\myTest.txt")
ID = FOPEN("C:\myTest.txt")
PRINT FGET(ID,F_ALLTEXT)
//中身を確認した後、ファイル自体は削除
MSGBOX("C:\myTest.txtをメモ帳で開き、削除します")
DOSCMD("notepad C:\myTest.txt")
DOSCMD("del C:\myTest.txt")

このスクリプトでファイルの中身を取得できます。
スクリプト実行後は作成したファイルは不要なので
削除しています。

ファイルの指定行数のデータを取得する

3行分のデータがあるファイルを対象に
指定行のデータを取得してみましょう。
スクリプトは下記のようになります。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ