FUNCTION

FUNCTION

戻り値のある自作関数を定義する
FUNCTION 関数名( 引数 [,....] )
RESULT = 戻り値
処理
FEND

引数
・引数・・・定義した関数の呼び出し時に渡す変数を定義
・Var 引数・・・Varをつけると引数は参照引数となり、値が変更される
・引数[]・・・配列も利用可能。次元数分の[]を付ける。二次元配列は引数[][]
・引数=定数・・・値を代入する記述で定数にできる
戻り値
・RESULT・・・関数終了時の戻り値

自作関数を作成し、呼び出す

パラメーターの値を加算する自作関数を定義します。計算結果を戻り値として返します。

TOTAL = MYCALC(300,400)
//計算結果を出力
PRINT TOTAL
FUNCTION MYPROC(VAL1, VAL2)
 ADD = VAL1 + VAL2
 RESULT = ADD
FEND

PROCEDUREと同じく自作関数が定義でき、
なおかつ、戻り値を返すことができます。
同じ処理をするときも定義した関数を呼び出せばよく、
処理を修正する場合も自作関数内のみとなります。
とても便利で、プログラムの再利用性が高くなるので、
積極的に活用しましょう。

引数の意味は?

さて、PROCEDUREと同じようにFUNCTIONで自作関数を定義できますが、
その際に渡す定義に色々な種類があることが分かりました。
「引数」は分かるかもしれませんが、その他の
Var 引数
引数[]
引数=定数
という種類は初見の方には分かりづらいかもしれません。
が、このあたりはPROCEDUREで解説していますので、ご参照下さい。

長い処理も自作関数ですっきり

同じ処理も、その都度スクリプトに書くのではなく、自作関数を使うことで
コードの再利用が可能になります。
またWHILE-WENDなどのループ処理中の動作も自作関数で1つにまとめると、
コードの可読性も高まります。
簡単な例を以下にお見せしましょう。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ