GETALLWIN

GETALLWIN関数

全てのウィンドウのIDを取得する

戻値 = GETALLWIN( [ウィンドウのID] )

引数
ウィンドウのID: 指定ウィンドウの子ウィンドウを取得したい場合に、
親ウィンドウIDを指定
戻値
 取得したWindowの数
 取得したウィンドウのIDは配列変数のALL_WIN_ID[ ] に格納
 配列はゼロから

取得できたウィンドウの数を表示する

MSGBOX(GETALLWIN())

このスクリプトを実行すると意外と、
多くのウィンドウ数が表示されるかと思います。
では、もう少し詳しく情報を取得してみましょう。

全てのウィンドウのIDを取得し、そのウィンドウのタイトルを表示する

まずは、メモ帳、電卓、エクスプローラーを表示します。
そのあとで全てのウィンドウのIDを取得し、
それぞれのタイトルを出力します。
最初に取得したメモ帳、電卓、エクスプローラーに関しても、
取得時には分かりやすいようにコメントを入れておきます。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ