GETID

GETID関数

ウィンドウのIDを返す
戻値 = GETID(タイトル, [クラス名, 待ち時間秒, MDI子タイトル] )

引数
タイトル: 識別したいウィンドウのタイトルを指定。一部分のみでも可
クラス名: 省略可
待ち時間秒: 確認できるまで指定された待つ秒数(0.01~)
-1にすると無期限で待つ
MDI子タイトル: MDIウィンドウ中の子ウィンドウタイトル
戻値
そのウィンドウを識別するID
取得できなかった場合は-1

補足
タイトルが完全一致するウィンドウを探し、
無い場合、次に部分一致のウィンドウを探す。

※特殊な指定方法
GETID(GET_ACTIVE_WIN) // アクティブウィンドウ
GETID(GET_FROMPOINT_WIN) // マウスカーソル下のウィンドウ
GETID(GET_FROMPOINT_OBJ) // マウスカーソル下のオブジェクト
GETID(GET_THISUWSC_WIN) // UWSC自身
GETID(GET_LOGPRINT_WIN) // ログ表示用のウィンドウ
GETID(GET_FUKIDASI_WIN) // ふきだし用のウィンドウ
GETID(GET_FORM_WIN) // フォーム画面ウィンドウ
GETID(GET_SCHEDULE_WIN) // スケジュール”指定Windowが現れた時”でキャッチしたウィンドウ

指定したウィンドウのIDを返します。
ウィンドウのIDはこれからUWSCで
さまざまな自動化をする上で重要なIDとなります。
このIDを使い、指定のウィンドウに対して自動化処理を行うことになります。

ウィンドウのIDを表示する

電卓を起動し、
そのウィンドウのIDを取得します。
EXEC関数で直接IDは取得できますが、
サンプルでは敢えてGETID関数を使います。
最後に確認として、数字の”1″を電卓に送ります。

EXEC("calc")
CID = MSGBOX("電卓のウィンドウのIDは" + GETID("電卓"))
SENDSTR(CID,1)


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ