GETITEM

GETITEM関数

ボタンなどのキャプション文字、リスト等を取得する
戻値 = GETITEM(ウィンドウのID, 種別, [番号, リストビュー列, ディゼーブルフラグ])

引数

 ID: Windowを識別するID
 種別: (複数指定可)
   ITM_BTN・・・ボタン、チェックボックス、ラジオボタン
   ITM_LIST・・・リストボックス、コンボボックス
   ITM_TAB・・・タブコントロール
   ITM_MENU・・・メニュー
   ITM_TREEVEW・・・ツリービュー
   (もしくはITM_TREEVIEW)
   ITM_LSTVEW・・・リストビュー
   (もしくはITM_LISTVIEW)
   ITM_EDIT・・・エディットボックス
   ITM_STATIC・・・スタティックコントロール
   ITM_STATUSBAR・・・ステータスバー
   ITM_TOOLBAR・・・ツールバー
   ITM_ACCCLK・・・アクセシビリティ用インターフェース経由での
クリック可能なオブジェクト
   ITM_ACCTXT・・・アクセシビリティ用インターフェース経由での
テキスト
   ITM_BACK・・・ITM_ACCCLK、ITM_ACCTXT指定時に
アクティブにしない
 番号:ITM_LIST、ITM_TREEVEW、ITM_LSTVEWが複数存在時に
     左上からの順番を指定
     -1にて全コントロール取得
 リストビュー列:リストビュー指定時のリストビューの列を指定
-1にてカラム名取得
 ディゼーブル:
    FALSE: ディゼーブルなものも取得、デフォルト
    TRUE: ディゼーブルなものは取得しない
戻値
 取得した数を返す
 取得した情報は配列変数の
 ALL_ITEM_LIST[ ]に格納される

電卓を起動し、ボタン、メニューの文字列を取得

電卓を起動し、
ボタンの文字列、メニューの文字列をGETITEMを使い
取得します。

GID = EXEC("calc")
NUM = GETITEM(GID,ITM_BTN + ITM_MENU)
FOR A = 0 TO (NUM-1)
 PRINT (A+1) + "番目:<#TAB>" + ALL_ITEM_LIST[A]
NEXT

関連情報:

  1. GETSTR
  2. SENDSTR
  3. CLKITEM
  4. CHKBTN


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ