GETSLCTLST

GETSLCTLST関数

COMBOBOX、LISTBOX、LISTVIEW、TREEVIEWの選択項目を取得する

戻値 = GETSLCTLST(ウィンドウのID , [番号 , リストビュー列])

引数
 ID: Windowを識別するID
 番号:左上から数えたエディットコントロールの順番で、
1から指定する
 リストビュー列:リストビューの場合の列を指定

戻値
 選択されている項目
 複数選択されている場合はタブ結合で返される

メモ帳のフォント設定から指定されている文字列を取得する

メモ帳を起動し、書式→フォントを選択後、
表示された「フォント」の設定で選択されている。
文字列を取得

ID1 = EXEC("notepad")
SCKEY(ID1,VK_ALT,VK_O,VK_F)
ID2 = GETID("フォント")
PRINT GETSLCTLST(ID2,1)
PRINT GETSLCTLST(ID2,2)
PRINT GETSLCTLST(ID2,3)

関連情報:

  1. GETID
  2. CHKBTN
  3. GETITEM
  4. アプリケーションのメニューやボタンを操作する方法が知りたいです


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ