IEGETSRC

IEGETSRC関数

Web上(IE)にて指定タグのソースを取得
戻値 = IEGETSRC( IE, タグ名, [番号] )
引数

IE
IEオブジェクト
タグ名
ソース取得するタグ名
番号
タグの順番を指定
戻値
取得したソース

サンプルページのソースを取得する

H2とBODYタグを取得

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate("http://canal22.org/sample0006/")
BusyWait(IE)

H2	= IEGetSrc(IE, "h2")
body	= IEGetSrc(IE, "BODY")

PRINT "h2:" + h2
PRINT "body:" + body

//------
Procedure BusyWait(ie)
	repeat
		Sleep(0.2)
	until (! ie.busy) and (ie.readyState=4)
Fend

解説

このサンプルを実行すると、
H2とBODYがタグから(ex:<h2>Sample0006</h2>)取得されるのが分かります。
この関数の用途としては、管理画面のデータなどを定期的に取得・保管しておきたい場合などに重宝します。

とくにアフィリエイター広告代理店の方など、
たくさんの管理画面を扱う方は、
うまくすると、日々数時間かかっていた作業を
定時更新の自動化で対応できるかもしれません。
興味ある人はどしどし問い合わせてください。

IEGETDATAで説明していますが、
IEGETDATAとIEGETSRCでは、値とソースの取得という違いがあるので、ご注意を!

関連情報:

  1. BETWEENSTR
  2. IESETDATA
  3. COMコンポーネントの開いているウィンドウを制御する(GETACTIVEOLEOBJ)
  4. IEGETDATA
  5. IEの基本スクリプト(CreateOLEObj)


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ