IELINK

IELINK関数

Web上(IE)のリンクの選択
戻値 = IELINK( IE, リンク表示文字, [番号, 完全一致フラグ] )
引数

IE
IEオブジェクト
リンク表示文字
表示されているリンク項目(一部分だけでも可)
番号
リンク表示文字が同じ場合に順番指定
完全一致フラグ
Trueの時は完全に一致するものだけを(デフォルト:False)
戻値
TRUE:正常、 FALSE:処理不能

サンプルページのリンクを選択する

2種類のリンクをクリックする

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate("http://canal22.org/sample0001/")
BusyWait(IE)

CTRLWIN(GETID("Sample0001"),MAX)
MSGBOX("IELink(IE,<#DBL>あいさつの種類<#DBL>)<#CR>を実行します")

IELink(IE,"あいさつの種類")
BusyWait(IE)

MSGBOX("IELinkによりリンクがクリックされ、<#CR>サイト内移動しました")

MSGBOX("次は同じリンク文字の場合<#CR>2番目をクリックするパターンです")

IELink(IE,"あいさつの種類",2)
BusyWait(IE)

//------
Procedure BusyWait(ie)
	repeat
		Sleep(0.2)
	until (! ie.busy) and (ie.readyState=4)
Fend

解説

このサンプルを実行すると、
サンプルページの2つある「あいさつの種類」の上が先にクリックされ、
続いて「あいさつの種類2」がクリックされます。
リンク表示文字に限られていることから、簡易的に利用するには向いていますが、
確実なページ遷移を望む場合は、IE.Navigate(URL)のほうが良いでしょう。

また、画像リンクをクリックしたい場合は、『画像リンクをクリックしたい!』をご参照ください。
さらにボタン等の選択の場合は、IESETDATAを参照してください。

関連情報:

  1. IESETDATA
  2. IEGETSRC
  3. IEの基本スクリプト(CreateOLEObj)
  4. IEのビジー状態、オブジェクトの状態を取得(busy, readyState)
  5. COMコンポーネントの開いているウィンドウを制御する(GETACTIVEOLEOBJ)


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ