KINDOFOS

KINDOFOS関数

OSの種類を判別

戻値 = KINDOFOS([64bit確認フラグ])

引数

64bit確認フラグ・・・

TRUE:OSが32bitか64bitか判別する
FALSE:OS種別を判別する[デフォルト]

戻値

64bit確認フラグがTRUEの場合
⇒TRUE:64bit、FALSE:32bit

64bit確認フラグがFALSEの場合(もしくは引数無し)

1:Windows 95
2:Windows 98
3:Windows Me
10:NT3.5
11:NT4
12:Windows 2000
13:Windows XP
14:Windows Server 2003
20:Windows Vista
21:Windows Server 2008
22:Windows 7

OSの種別を判別する

OSKIND = KINDOFOS()
SELECT OSKIND
 CASE 1
 MSGBOX("Windows 95")
 CASE 2
 MSGBOX("Windows 98")
 CASE 3
 MSGBOX("Windows Me")
 CASE 10
 MSGBOX("NT3.5")
 CASE 11
 MSGBOX("NT4")
 CASE 12
 MSGBOX("Windows 2000")
 CASE 13
 MSGBOX("Windows XP")
 CASE 14
 MSGBOX("Windows Server 2003")
 CASE 20
 MSGBOX("Windows Vista")
 CASE 21
 MSGBOX("Windows Server 2008")
 CASE 22
 MSGBOX("Windows 7")
 DEFAULT
 MSGBOX("Unknows OS")
SELEND

特定のOS以外は処理をしないようにする

Windows XPもしくはWindows 7で、64bitの場合のみ実行されるようにします。
ポイントはKINDOFOS関数で、OS種別と64bit/32bitかの判別をする所です。
スクリプトは以下の通りです。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ