MSGBOX

MSGBOX関数

メッセージボックスを表示する
戻値 = MSGBOX(表示メッセージ, [表示ボタン, X, Y, フォーカスボタン] )

引数
表示メッセージ・・・表示する文字
表示ボタン・・・表示するボタンの種別を指定
OR でつなぎ複数指定可
デフォルトはBTN_OK
X、Y: 表示位置 X、Y、デフォルトは画面中央
フォーカスボタン: デフォルトとしてフォーカスを与えるボタン種別

戻値

押されたボタン種別

ボタン種別(数値で指定も可)
BTN_YES(4)
BTN_NO(8)
BTN_OK(1)
BTN_CANCEL(2)
BTN_ABORT(16)
BTN_RETRY(32)
BTN_IGNORE(64)

メッセージボックスを表示する

MSGBOX("ボタン表示",BTN_YES OR BTN_NO OR BTN_OK OR BTN_CANCEL OR BTN_ABORT)

押されたボタンにより処理を変える

MSGBOX関数は押されたボタンの種別を戻値として返します。

その戻値によって処理を変えてみましょう。

スクリプトは以下のようになります。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ