POWERSHELL

POWERSHELL関数

POWERSHELLを実行する

戻値 = POWERSHELL(コマンド [, 同期フラグ, 画面表示] )

引数

コマンド・・・実行するコマンドプロンプト
同期フラグ・・・TRUE:処理の終了を待たずに戻る、FALSE:終了を待つ
画面表示・・・TRUE:POWERSHELLの画面を表示する、FALSE:表示しない、2:最小化表示する

戻値

標準出力を返す、ただし同期フラグがTRUEもしくは、画面表示がTRUEか2の場合は返さない

POWERSHELLの実行結果を出力する

PRINT POWERSHELL("get-date")

関連情報:

  1. BETWEENSTR
  2. メッセージボックスの表示
  3. 両端の空白や改行を削除する
  4. コマンドライン(コマンドプロンプト)の実行
  5. DOSCMD


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ