SLCTBOX

SLCTBOX関数

セレクトボックスを表示

戻値 = SLCTBOX(種別, タイムアウト秒, [x, y,] [表示メッセージ], 項目, [項目, 項目, ...]) 

引数
種別:
   SLCT_BTN・・・ボタン
   SLCT_CHK・・・チェックボックス
   SLCT_RDO・・・ラジオボタン
   SLCT_CMB・・・コンボボックス
   SLCT_LST・・・リストボックス
   SLCT_STR・・・戻り値を項目名で返す(他の種別に付加して使用)
   SLCT_NUM・・・戻り値を位置数で返す(他の種別に付加して使用)
タイムアウト・・・指定秒を過ぎるとゼロを返します(0指定でタイマーは無効)
X, Y・・・表示位置(デフォルトは中央)
表示メッセージ・・・セレクトボックスに表示するメッセージ
項目・・・選択項目名、配列変数も可
戻値
 1つ目が選択されたならば SLCT_1 が返される
 2つ目が選択されたならば SLCT_2 が返される
 SLCT_CHK(チェックボックス)選択時はビット演算して返される
 SLCT_STR 付加時は項目名で返される(複数選択時はタブにて結合される)
 SLCT_NUM 付加時は位置数で返される(複数選択時はタブにて結合される)
 ※閉じボタンによる終了時は-1を返してくる(SLCT_CHKにてビットチェックする場合は注意)
 ※項目数は最大31まで(SLCT_STR、SLCT_NUM の場合は制限なし)

SLCT_BOX
SLCT_CHK
SLCT_RDO
SLCT_CMB
SLCT_CMB(プルダウン内)
SLCT_LST

セレクトボックスを表示する

セレクトボックスを表示するだけの簡単なスクリプトです。

SLCTBOX(SLCT_BTN,0,"SLCT_BTN","オブジェクト1","オブジェクト2","オブジェクト3")
SLCTBOX(SLCT_CHK,0,"SLCT_CHK","オブジェクト1","オブジェクト2","オブジェクト3")
SLCTBOX(SLCT_RDO,0,"SLCT_RDO","オブジェクト1","オブジェクト2","オブジェクト3")
SLCTBOX(SLCT_CMB,0,"SLCT_CMB","オブジェクト1","オブジェクト2","オブジェクト3")
SLCTBOX(SLCT_LST,0,"SLCT_LST","オブジェクト1","オブジェクト2","オブジェクト3")
MSGBOX(SLCTBOX(SLCT_LST + SLCT_STR,0,"SLCT_LST(選択した値が文字列+タブで返る)","オブジェクト1","オブジェクト2","オブジェクト3"))
MSGBOX(SLCTBOX(SLCT_LST + SLCT_NUM,0,"SLCT_LST(選択した値が位置数+タブで返る)","オブジェクト1","オブジェクト2","オブジェクト3"))

セレクトボックスで押されたボタンに対応した処理を実施

セレクトボックスで返される値をもとに
対応した処理を実施させるスクリプトは以下の通りです。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ