SLEEP

SLEEP関数

処理を待機する

SLEEP(秒)

引数

秒・・・待機する秒数。0.01以上から指定可能

処理を待機する

FUKIDASI("処理を3秒間待機中です",100,100,1,22)
SLEEP(3)
FUKIDASI("3秒間待機しました",100,100,1,22)
SLEEP(3)

経過時間をカウントダウン表示する

FUKIDASI関数と組み合わせ
経過時間をカウントダウン表示する仕組みを
SLEEP関数で実現します。
スクリプトは以下の通りです。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ