STATUS

STATUS関数

ウィンドウの状態を取得する

戻値 = STATUS(ウィンドウのID, 取得する情報)

引数
ウィンドウのID: Windowを識別するID
取得する情報:
ST_TITLE・・・タイトルを返す
ST_CLASS・・・クラス名を返す
ST_X・・・X座標を返す
ST_Y・・・Y座標を返す
ST_WIDTH・・・幅を返す
ST_HEIGHT・・・高さを返す
ST_CLX・・・クライアント領域のX座標を返す
ST_CLY・・・クライアント領域のY座標を返す
ST_CLWIDTH・・・クライアント領域の幅を返す
ST_CLHEIGHT・・・クライアント領域の高さを返す
ST_PARENT・・・親ウィンドウのIDを返す、無ければ-1
ST_ICON・・・アイコン状態であればTrue、それ以外はFalse
ST_VISIBLE・・・通常の表示状態であればTrue、それ以外はFalse
ST_ACTIVE・・・アクティブ状態であればTrue、それ以外はFalse
ST_BUSY・・・ビジー状態であればTrue、それ以外はFalse
ST_PATH・・・EXEのパスを返す
ST_PROCESS・・・プロセスIDを返す
ST_WIN64・・・64bitアプリであればTrue、それ以外はFalse

戻値
 取得した情報

メモ帳の情報を取得する

ID = EXEC("notepad")
 PRINT "■タイトル(ST_TITLE)"
 PRINT STATUS(ID,ST_TITLE)
 PRINT "----------"
 PRINT "■クラス名(ST_CLASS)"
 PRINT STATUS(ID,ST_CLASS)
 PRINT "----------"
 PRINT "■X座標(ST_X)"
 PRINT STATUS(ID,ST_X)
 PRINT "----------"
 PRINT "■Y座標(ST_Y)"
 PRINT STATUS(ID,ST_Y)
 PRINT "----------"
 PRINT "■幅(ST_WIDTH)"
 PRINT STATUS(ID,ST_WIDTH)
 PRINT "----------"
 PRINT "■高さ(ST_HEIGHT)"
 PRINT STATUS(ID,ST_HEIGHT)
 PRINT "----------"
 PRINT "■クライアント領域のX座標(ST_CLX)"
 PRINT STATUS(ID,ST_CLX)
 PRINT "----------"
 PRINT "■クライアント領域のY座標(ST_CLY)"
 PRINT STATUS(ID,ST_CLY)
 PRINT "----------"
 PRINT "■クライアント領域の幅(ST_CLWIDTH)"
 PRINT STATUS(ID,ST_CLWIDTH)
 PRINT "----------"
 PRINT "■クライアント領域の高さ(ST_CLHEIGHT)"
 PRINT STATUS(ID,ST_CLHEIGHT)
 PRINT "----------"
 PRINT "■親ウィンドウのID(ST_PARENT)"
 PRINT STATUS(ID,ST_PARENT)
 PRINT "----------"
 PRINT "■アイコン状態か(ST_ICON)"
 PRINT STATUS(ID,ST_ICON)
 PRINT "----------"
 PRINT "■通常の表示状態か(ST_VISIBLE)"
 PRINT STATUS(ID,ST_VISIBLE)
 PRINT "----------"
 PRINT "■アクティブ状態か(ST_ACTIVE)"
 PRINT STATUS(ID,ST_ACTIVE)
 PRINT "----------"
 PRINT "■ビジー状態か(ST_BUSY)"
 PRINT STATUS(ID,ST_BUSY)
 PRINT "----------"
 PRINT "■EXEのパス(ST_PATH)"
 PRINT STATUS(ID,ST_PATH)
 PRINT "----------"
 PRINT "■プロセスID(ST_PROCESS)"
 PRINT STATUS(ID,ST_PROCESS)
 PRINT "----------"
 PRINT "■64bitアプリか(ST_WIN64)"
 PRINT STATUS(ID,ST_WIN64)
 PRINT "----------"

全てのウィンドウのIDを取得し、そのウィンドウのタイトルを表示する

まずは、メモ帳、電卓、エクスプローラーを表示します。
そのあとで全てのウィンドウのIDを取得し、
それぞれのタイトルを出力します。
最初に取得したメモ帳、電卓、エクスプローラーに関しても、
取得時には分かりやすいようにコメントを入れておきます。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ