STRCONV

STRCONV関数

文字列を大文字小文字、かなカナ、全角半角に変換する
戻値 = STRCONV( 文字列, 変換指定)

引数

文字列・・・対象の文字列
変換指定・・・下記の変換方法を指定する

SC_LOWERCASE・・・小文字
SC_UPPERCASE ・・・大文字
SC_HIRAGANA・・・ひらがな
SC_KATAKANA・・・カタカナ
SC_HALFWIDTH・・・半角文字
SC_FULLWIDTH・・・全角文字

戻値

変換された文字列

文字を変換する

PRINT STRCONV("さくらさく",SC_KATAKANA)

入力された文字列をその場で指定して変換する

入力された文字に対して、ダイアログボックスを出し、どの形式に変換するか命令しましょう。
ポイントはセレクトボックスを使っての条件分岐です。
スクリプトは下記のようになります。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ