TRIM

TRIM関数

文字の両端の空白と制御文字を取り除く
戻値 = TRIM(文字列 [, 全角空白])

引数

文字列・・・対象の文字列
全角空白・・・TRUE(全角の空白も削除)、FALSE(全角の空白は対象外、デフォルト)

戻値

文字の両端の空白と制御文字が取り除かれた結果

両端の空白を取り除く

ユーザから入力された情報や、取得してきた情報には
不要なスペースが混入したりしています。
TRIM関数を使って、両端の空白文字を取り除きます。

STR = "   両端に半角や全角のスペースがあります     "
PRINT "実施前⇒" + STR
PRINT "実施後⇒" + TRIM(STR,TRUE)

制御文字も取り除く

上記の説明にある制御文字とは何でしょうか。
ここでは、改行やタブなど
文字としては意味を持たないが、
ディスプレイやプリンタなどに特別な動作をさせるものと
認識すればOKです。
これらの制御文字もTRIMで取り除けます。
サンプルのスクリプトは以下の通りです。


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ