XLACTIVATE

Excel シートの選択
戻値 = XLACTIVATE( Excel, Sheet名, [Book名] )
引数

Excel
ExcelのCOMオブジェクト
Sheet名
アクティブにするシート名(順番での指定も可)
Book名
アクティブにするブック名
戻値

TRUE
正常
FALSE
処理不能

EXCELのシートを変更する

この関数はPro版のみ使用可能です。
XLOPENでCOMを生成して、シートを指定して制御が可能になります。

UWSC XLACTIVATE EXCELサンプルファイル

EXCELサンプルファイル

EXCELファイルはこのようなイメージです。
拡大して確認してみてください。
以下のサクリプトで、シートが順次変更していきます。

スクリプト

PATH	= "C:\\TEST.xls"
Excel	= XLOPEN(PATH)
Excel.application.displayalerts = false

MSGBOX("シート名を確認してください<#CR>シートを変更します")

SHEETNAME = "animal"
SS = XLACTIVATE( Excel,SHEETNAME)

IFB SS = 1
	PRINT SHEETNAME
ENDIF

MSGBOX("シート名を確認してください<#CR>シートを変更します")

SHEETNAME = "Sheet1"
SS = XLACTIVATE( Excel,SHEETNAME)

IFB SS = 1
	PRINT SHEETNAME
ENDIF

MSGBOX("シート名を確認してください<#CR>シートを変更します")

SHEETNAME = "Sheet2"
SS = XLACTIVATE( Excel,SHEETNAME)

IFB SS = 1
	PRINT SHEETNAME
ENDIF

MSGBOX("終了します")

関連情報:

  1. XLCLOSE
  2. XLOPEN
  3. IFB
  4. GETDIR
  5. CREATEFORM


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ