XLSHEET

シートの追加/削除
戻値 = XLSHEET( Excel, Sheet名, [削除フラグ] )
引数

Excel
Excel(またはOOoのCalc)のCOMオブジェクト
Sheet名
追加/削除するシート名
削除フラグ
FALSE: シート追加 (デフォルト)
TRUE: シート削除

※OOoのCalcとは・・・Open Office.org 統合オフィスソフトの表計算ソフトCalcを指しています

戻値

TRUE
正常
FALSE
処理不能

EXCELのシートの追加や削除

この関数はPro版のみ使用可能です。
XLOPENでCOMを生成して、シートを指定して制御が可能になります。

下記のように立ち上げたEXCELファイルにシートを3つ追加、削除してみます。

EXCELシートの追加

EXCELシートを追加した状態

DIM SHEET[2] = "UWSC","KOBA","YASHI"

Excel = XLOPEN(,True) //ファイルオープン

MSGBOX("シートの追加します")

FOR KAISU = 0 TO 2
	SHEETNAME = SHEET[KAISU]
	PRINT SHEETNAME + "追加"
	XLSHEET(Excel,SHEETNAME,FALSE)
	MSGBOX(" OK ")
NEXT

MSGBOX("追加したシートを削除をします")

FOR KAISU = 0 TO 2
	SHEETNAME = SHEET[KAISU]
	PRINT SHEETNAME + "削除"
	XLSHEET(Excel,SHEETNAME,TRUE)
	MSGBOX(" OK ")
NEXT

関連情報:

  1. XLACTIVATE
  2. XLCLOSE
  3. XLOPEN
  4. 指定回数を繰り返す(FOR)
  5. セルの位置を取得する


続きは、ログインもしくは、登録してください



このページの先頭へ