IELINK

IELINK関数
Web上(IE)のリンクの選択 戻値 = IELINK( IE, リンク表示文字, [番号, 完全一致フラグ] )
引数
IE
IEオブジェクト
リンク表示文字
表示されているリンク項目(一部分だけでも可)
番号
リンク表示文字が同じ場合に順番指定
完全一致フラグ
Trueの時は完全に一致するものだけを(デフォルト:False)
戻値
TRUE:正常、 FALSE:処理不能

サンプルページのリンクを選択する

2種類のリンクをクリックする

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate("http://canal22.org/sample0001/")
BusyWait(IE)

CTRLWIN(GETID("Sample0001"),MAX)
MSGBOX("IELink(IE,<#DBL>あいさつの種類<#DBL>)<#CR>を実行します")

IELink(IE,"あいさつの種類")
BusyWait(IE)

MSGBOX("IELinkによりリンクがクリックされ、<#CR>サイト内移動しました")

MSGBOX("次は同じリンク文字の場合<#CR>2番目をクリックするパターンです")

IELink(IE,"あいさつの種類",2)
BusyWait(IE)


//------
Procedure BusyWait(ie)
	repeat
		Sleep(0.2)
	until (! ie.busy) and (ie.readyState=4)
Fend

解説

このサンプルを実行すると、
サンプルページの2つある「あいさつの種類」の上が先にクリックされ、
続いて「あいさつの種類2」がクリックされます。 リンク表示文字に限られていることから、簡易的に利用するには向いていますが、
確実なページ遷移を望む場合は、IE.Navigate(URL)のほうが良いでしょう。

また、画像リンクをクリックしたい場合は、『画像リンクをクリックしたい!』をご参照ください。 さらにボタン等の選択の場合は、IESETDATAを参照してください。

タグ

2012年7月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

IEGETSRC

IEGETSRC関数
Web上(IE)にて指定タグのソースを取得
戻値 = IEGETSRC( IE, タグ名, [番号] )
引数
IE
IEオブジェクト
タグ名
ソース取得するタグ名
番号
タグの順番を指定
戻値
取得したソース

サンプルページのソースを取得する

H2とBODYタグを取得

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate("http://canal22.org/sample0006/")
BusyWait(IE)

H2	= IEGetSrc(IE, "h2")
body	= IEGetSrc(IE, "BODY")

PRINT "h2:" + h2
PRINT "body:" + body


//------
Procedure BusyWait(ie)
	repeat
		Sleep(0.2)
	until (! ie.busy) and (ie.readyState=4)
Fend

解説

このサンプルを実行すると、
H2とBODYがタグから(ex:<h2>Sample0006</h2>)取得されるのが分かります。
この関数の用途としては、管理画面のデータなどを定期的に取得・保管しておきたい場合などに重宝します。

とくにアフィリエイター広告代理店の方など、
たくさんの管理画面を扱う方は、
うまくすると、日々数時間かかっていた作業を
定時更新の自動化で対応できるかもしれません。
興味ある人はどしどし問い合わせてください。

IEGETDATAで説明していますが、
IEGETDATAとIEGETSRCでは、値とソースの取得という違いがあるので、ご注意を!

タグ

2012年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

BETWEENSTR

BETWEENSTR関数

指定文字列間の文字列を返す
戻値 = BETWEENSTR(文字列, 前文字, 後文字, [n個目, 数え方フラグ] )

引数
 文字列: 探す元になる文字列
 前文字: 得たい文字列の前にある文字列 (省略した場合は先頭から)
 後文字: 得たい文字列の後にある文字列 (省略した場合は最後まで)
 n個目: nを指定するとn個目の該当文字列を返す(マイナス値で指定すると後ろからサーチ)
 数え方フラグ:
   FALSE: n個目は後文字以降でカウント (デフォルト)
   TRUE: n個目は前文字以降でカウント

戻値
 前文字と後文字に挟まれている文字列 (取得できなかった場合はEMPTYを返す)

前後に指定した文字列の間の文字列を取得できます。
UWSCの中でも、非常に便利な関数のひとつと言えます。
使い途として、HTMLソースから取得したい情報を入手する、
いわゆるスクレイピングが可能になります。
これにより、管理画面のデータをEXCELで集計しなおす作業などは、
ボタンひとつで済ますことができます。


管理画面の売上げを集計する

サンプルページ
http://canal22.org/sample/sample01/
売上げを一発で取得するサンプルです。
業務効率化にかなり使えます!!

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年3月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ