GETSLIDER

GETSLIDER関数

スライダー、トラックバー、スクロールバーの値を取得する
戻値 = GETSLIDER( ウィンドウのID, [番号, パラメータ] )

引数
 ウィンドウのID: Windowを識別するID
 番号:1から数えた左上からのコントロールの順番
 パラメータ:
   SLD_POS・・・値
   SLD_MIN・・・最小値
   SLD_MAX・・・最大値
   SLD_PAGE・・・1ページ移動量
   SLD_BAR・・・0:横、1:縦
   SLD_X・・・クライアントX位置
   SLD_Y・・・クライアントY位置
戻値
取得した値

メモ帳のスクロールバーの位置を取得する

メモ帳を起動し、改行を800回送信、
最後に、真ん中の位置にスクロールバーをセットする。
最初と、改行後と、最後にスクロールバーの位置を取得し、
出力する。

ID = exec("notepad")
PRINT "最初の位置:" + GETSLIDER(ID)
LF = ""
FOR A = 1 TO 800
LF = LF + "<#CR>"
NEXT
SENDSTR(ID,LF)
PRINT "最後の位置:" + GETSLIDER(ID)
SETSLIDER(ID,(GETSLIDER(ID)/2))
PRINT "中央の位置:" + GETSLIDER(ID)

タグ

2012年3月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ