文字列

文字列

文字列はダブルクォテーション(“)で括ります
“文字列”

・ダブルクォテーションで囲まれた”文字列”が文字列です

文字列の結合は+で行います

改めて文字列の紹介をすると、
まずはダブルクォテーション(“)で括りましょうという事が第一です。
次に、OPTION指定で変更しない限り
比較する場合は、大文字小文字の区別はしません。(ABC=abc)
文字列をつなげる場合は+を使います。
まとめて以下のスクリプトで確かめてみましょう。

//文字列の結合
MOJ1 = "ぐろーばるわーるど"
MOJ2 = " is a word very difficult."
PRINT MOJ1 + MOJ2
//文字列の比較(OPTION指定無し)

MOJ3 = "THIS IS MY CUP"
MOJ4 = "this is my cup"
IFB MOJ3 = MOJ4
 PRINT "↓↓同じ文字です↓↓"
 PRINT MOJ3 + ":" + MOJ4
ENDIF

結合の際は順番を考えよう

例えば下記のようなスクリプトはどういう結果になるでしょうか?
PRINT “14 + 6 = ” + 14 + 6
14 + 6 = 20とはならずに
14 + 6 = 146となってしまいます。
計算の優先順位に差が無い場合
コンピューターは左から計算をします。

なのでまず”14 + 6 = “という文字列に14という文字列が結合され、
続いて”14 + 6 = 14″という文字列に6が結合されてしまうのです。
詳細は演算式の優先順位でご確認できますが、 解決策としては以下のように、明示的に”(“と”)”で計算の優先度を上げることになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年8月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

このページの先頭へ