16進数

16進数

$<16進数>

$を付記することで、16進数の値を表記できます

16進数を使う場合

例えば16進数のFFは10進数の255に該当します。
UWSCでは$を付記した、$FFという形で16進数を表現できます。
もちろん出力すると255となります

PRINT $FF

16進数←変換→10進数

FORMAT関数には16進数表記にするパラメーターがあります。
組み合わせて、変換をしてみましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年9月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

このページの先頭へ