UWSCのループについて教えて下さい

UWSCのループについて教えて下さい。ループの方法や、それぞれの制御文の違いが知りたいです。
ループ、いわゆる繰り返し処理ですが、UWSCにはいくつかの実現方法があります。
参考になる記事を下に記します。

【プログラミング不要】
プログラムを書くことなく、起動時の設定で、処理回数を選ぶ方法
繰り返し処理を行いたいけど制御文が難しい

【プログラミング必要】
FOR-NEXT・・・指定回数の処理を実行する
制御文:FOR-NEXTの解説

WHILE-WEND・・・指定した条件を満たす間、処理を実行する
制御文:WHILE-WENDの解説

REPEAT-UNTIL・・・指定した条件になったら、処理を終了する
制御文:REPEAT-UNTILの解説

繰り返し処理を途中で終了、継続するCONTINUE、BREAK
CONTINUE
BREAK

上記3つの繰り返し処理制御文の使い分けについて
UWSCでFORとかREPEATとか繰り返し処理は何を使うのがベストですか?

その他参考になる、掲示板の投稿
FOR~NEXTでカウント中のカウンター(a)は増やすことは出来ないのでしょうか?

タグ

2013年5月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Q&A

BREAK

BREAK

REPEAT-UNTIL,WHILE-WEND,FOR-NEXTのループを中断する
BREAK [ループ数]

・ループ数・・・多重ループの場合に指定数だけのループを抜ける。省略時は1

ループを途中で中断しよう

REPEAT-UNTIL,WHILE-WEND,FOR-NEXTは、条件を満たすまでは処理が繰り返されます。
しかし間にBREAKを入れることで、ループ終了条件前でもループを抜けることができるようになります。
簡単な例を見てみましょう。

//通常"A=変数"は100まで出力されますが・・・
FOR A = 1 TO 100
 PRINT "A=" + A
 //50の場合はBREAKの一文により、途中でループは終了
 IF A = 50 THEN BREAK
NEXT

多重ループを全部抜けるには

BREAKの書き方で
BREAK [ループ数]と言う表現を記載しています。
例えば多重ループというループ文の中にループ文が入れ子にされた状態の場合
BREAKだけしか記載していない場合は、
記載してあるループ文が中断されるだけです。
全部のループを抜けたい、あるいは複数のループを抜けたい場合は
‘BREAK ループ数’という表現にしましょう。
3つの多重ループでサンプルをお見せします。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

このページの先頭へ