CHGMOJ、REPLACE

CHGMOJ、REPLACE関数

指定文字列を置換する
戻値 = REPLACE(文字列, 置換したい文字, 置換文字)
もしくは
戻値 = CHGMOJ(文字列, 置換したい文字, 置換文字)
※両関数とも名称が違うのみで、使い方は全く同じです

引数

文字列・・・置換したい文字列が含まれる対象
置換したい文字・・・置換したい文字
置換文字・・・置換する文字

戻値

変換された値
大文字小文字の区別はなし


文字列を置換変換する

文章に含まれる「あなた」を「貴社」と言い換えます。

STR = "それでは、あなたはこの問題についてどうお考えですか"
PRINT REPLACE(STR,"あなた","貴社")
//REPLACEをCHGMOJとしても可

文字の置換が発生しなかった場合は通知する

REPLACE、CHGMOJ関数は文字の置換が発生しなかった場合、
つまり該当の文字列が含まれなかった場合も、
特に通知はせずに、処理を続けます。
この関数には置換した/していないを感知する機能は無いので、
もし置換されたかどうかを知りたい場合は別の関数を使います。
スクリプトは以下の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年4月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ