IE.documentから取得できる情報

ページにアクセスすると、そのページ内の情報(IE.document)が取得できます

ドキュメント
タイトル
IE.document.title
ドキュメントタイプ
IE.document.doctype
ベース色
背景色
IE.document.bgColor
文字色
IE.document.fgColor
文字コード
文字コード
IE.document.charSet
ブラウザのデフォルト文字コード
IE.document.defaultCharset
リンク文字色
リンク中の文字色
IE.document.alinkColor
リンク文字色
IE.document.linkColor
リンク済の文字色
IE.document.vlinkColor
アンカーオブジェクト
アンカーの数
IE.document.anchors.length
アンカー名(0からの数字を指定)
IE.document.anchors[n].name
クッキー
クッキー
IE.document.cookie
ドメイン
ドメイン名
IE.document.domain
現在のページのURL
IE.document.URL
指定座標上のオブジェクト情報
IE.document.elementFromPoint(X,Y)
リファラ
リファラ
IE.document.referrer

というわけで、ひとつひとつ解説するよりは
具体的にスクリプトを実行させて、結果を見てみましょう。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0001")
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

PRINT "■ドキュメント"
PRINT "  タイトル"
PRINT "    IE.document.title=" + IE.document.title
PRINT "  ドキュメントタイプ"
PRINT "    IE.document.doctype=" + IE.document.doctype
PRINT "■ベース色"
PRINT "  背景色"
PRINT "    IE.document.bgColor=" + IE.document.bgColor
PRINT "  文字色"
PRINT "    IE.document.fgColor=" + IE.document.fgColor
PRINT "■文字コード"
PRINT "  文字コード"
PRINT "    IE.document.charSet=" + IE.document.charSet
PRINT "  ブラウザのデフォルト文字コード"
PRINT "    IE.document.defaultCharset=" + IE.document.defaultCharset
PRINT "■リンク文字色"
PRINT "  リンク中の文字色"
PRINT "    IE.document.alinkColor=" + IE.document.alinkColor
PRINT "  リンク文字色"
PRINT "    IE.document.linkColor=" + IE.document.linkColor
PRINT "  リンク済の文字色"
PRINT "    IE.document.vlinkColor=" + IE.document.linkColor
PRINT "■アンカーオブジェクト"
PRINT "  アンカーの数"
PRINT "    IE.document.anchors.length=" + IE.document.anchors.length

  FOR A = 0 TO (IE.document.anchors.length - 1)
    PRINT "  アンカー名(" + A + ")"
    PRINT "    IE.document.anchors[" + A + "].name=" + IE.document.anchors[A].name
  NEXT

PRINT "■クッキー"
PRINT "  クッキー"
PRINT "    IE.document.cookie=" + IE.document.cookie
PRINT "■ドメイン"
PRINT "  ドメイン名"
PRINT "    IE.document.domain=" + IE.document.domain
PRINT "  現在のページのURL"
PRINT "    IE.document.URL=" + IE.document.URL
PRINT "  指定座標上のオブジェクト情報(ここではx=100,y=100を指定)"
PRINT "    IE.document.elementFromPoint(100,100)=" + IE.document.elementFromPoint(100,100)

//リファラを表示するためにリンクをクリック
IE.document.links[0].click()
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

PRINT "■リファラ"
PRINT "  リファラ"
PRINT "    IE.document.referrer=" + IE.document.referrer

IE.navigate("http://canal22.org/sample0001")
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

どうでしょうか。
IE.documentにある種々の情報が取得できましたか。

それでは、応用編というわけではありませんが、
上記のスクリプトをExcelに出力するというスクリプトにしてみましょう。
ExcelとIEの簡単な連携ですね。それではスクリプトです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年7月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

このページの先頭へ